【2022最新】派遣会社おすすめランキング!523名の口コミから評判・評価を徹底比較 - エラベル
ライター・専門家
【2022最新】派遣会社おすすめランキング!523名の口コミから評判・評価を徹底比較

【2022最新】派遣会社おすすめランキング!523名の口コミから評判・評価を徹底比較

派遣会社に登録するにあたって、 

「どこの派遣会社に登録すればいい?」 
「何社登録すれば仕事が早く見つかる?」 
「みんなが登録をしている派遣会社ってどこ?」 

と、疑問に思っている人も多いはず。 

今回は、元派遣会社の営業マンが実際に派遣会社に登録している人523名のアンケート」をもとにおすすめの派遣会社を紹介していきます。 

派遣会社の良い面だけではなく、派遣で働くトラブルやブラックな派遣会社の見分け方などもわかりやすく解説していきますので、ぜひ参考にして下さい。 

おすすめ派遣会社ランキングTOP14 (一部抜粋)

  • 1位:
  • 2位:
  • 3位:
  • 4位:
  • 5位:
→おすすめ派遣会社ランキングTOP14を見る
Specialist専門家
河瀬信幸のプロフィール画像
河瀬信幸

元派遣会社の営業マン

元派遣会社の営業マンとして登録会のスタッフ、派遣営業としての派遣スタッフのフォロー、クライアント開拓の営業として活動。その後、日本最大級の派遣会社の口コミサイトをゼロから運営。また転職、美容、脱毛など20サイト以上のメディア運営などに携わってきた。

派遣会社を選ぶ前に知っておきたい4つのポイント

自分に合った派遣会社を選ぶためには、派遣会社の仕組みをきちんと理解しておくことが重要です。

そこでまずは、派遣会社の基礎知識を抑えておきましょう。大事なポイントは以下の4つです。

1. 派遣会社の登録は全て無料

派遣会社の登録は無料

派遣会社の登録や利用は、基本的に全て無料です。「求人検索〜仕事の紹介、面談」まで、一切お金がかかることはありません

派遣会社は、あなたが派遣先で働いたときに企業が支払う金額の20〜30%を紹介料とすることで利益を得ています。

紹介料の具体例

  • 派遣先の支払金額:2,000円
  • 派遣社員の給料:1,600円(80%)
  • 派遣会社の利益:400円(20%)

派遣先企業の紹介料から利益を得るビジネスモデルのため、利用者は登録から就業までの一切が無料。ただで登録できるのでは、まずは1社だけではなく2社登録し、自分に合う派遣会社を見つけるのがおすすめですよ!

河瀬信幸のプロフィール画像
河瀬信幸
派遣会社は派遣スタッフさんが働いてくれれば働いてくれるほど、儲かるビジネスモデルなす!

2. 派遣会社には総合型と特化型がある 

立ち並ぶビル

派遣会社には、「総合型」と「特化型」の2種類があります。それぞれ特徴は以下の通り。

・総合型派遣会社
…幅広い業種、職種の求人を抱えており、基本的にどんな職種でも紹介できる

・特化型派遣会社
ある特定の業種、職種に特化している

たとえば特化型派遣会社には、以下のようなものがあります。専門性の高い分野で就業を考えている人は、特化型を利用すると仕事も見つかりやすいでしょう。

普通にオフィスワークがしたい人、やりたい仕事が特に決まっていない人などは、ひとまず総合型を選んでおけば間違いありません。

河瀬信幸のプロフィール画像
河瀬信幸
事務職希望であれば総合型の派遣会社に登録してください!このあと紹介するテンプスタッフ、スタッフサービスなど知名度が高い派遣会社は総合型の派遣会社です。 

3. 派遣社員から正社員を目指せる「紹介予定派遣」がある

正社員の様子
派遣社員は通常、一定の契約期間(3ヶ月が多い)が設けられており、その都度契約を更新しながら働くことになります。
 
一方、期間限定ではなく、派遣先企業での正社員登用を前提とした「紹介予定派遣」という仕組みもあります。

通常派遣と紹介予定派遣の違い

「通常派遣」と「紹介予定派遣」の違いは以下の通り。

 雇用期間求人数正社員登用
通常派遣3ヶ月更新など多い難しい
紹介予定派遣最長6ヶ月かなり少ない可能性が高い

紹介予定派遣は一定期間働いたあと、派遣社員と派遣先の双方が合意すれば、派遣先の正社員に登用される仕組みです。正社員になったタイミングで派遣会社との契約は終了します。紹介予定派遣の期間は最長6ヶ月とされていますが、一般的に3ヶ月ほどで正社員になれることが多いです。

紹介予定派遣は通常の派遣社員と比べると求人数は少ないものの、実際に働いたときの貢献度で正社員採用を判断してもらえるメリットがあります。「実際に働いてみたら合わなかった」というケースが避けられるわけですね。

河瀬信幸のプロフィール画像
河瀬信幸
紹介予定派遣」は求人数が圧倒的に少ないため、条件が合いづらいです。半年以内に正社員に絶対なる!などと考えている方は、就職活動と同時並行で紹介予定派遣を探すのが良いでしょう 

4. 派遣会社の福利厚生が使える

レジャー 福利厚生

意外と知られていませんが、派遣会社に登録をすると、その派遣会社の福利厚生が利用できます

特に大手の派遣会社になると、福利厚生の内容もかなり充実していることが多いです。

<大手派遣会社によくある福利厚生の例>

  • 国内や海外の宿泊施設の特別割引
  • 国内外の各種ツアーの特別待遇
  • スポーツクラブの割引
  • スキルアップのための無料講座
  • その他レジャー施設の割引   

実際の就業には派遣会社を使わず、福利厚生を利用したいがために登録している人もなかにはいるようですよ。

河瀬信幸のプロフィール画像
河瀬信幸
このあと紹介するパソナの福利厚生では、エステやネイルサロンなどが特別価格で受けられ、女性から人気があります! 

派遣社員として働くメリット

良い口コミ・評判

続いて、派遣社員のメリット・デメリットを見ていきましょう!まず、派遣社員のメリットには、以下の3つが挙げられます。

1. プライベートを優先しやすい

自分の都合に合わせて働き方を選べるのは、派遣社員の大きなメリットです。

正社員となるとフルタイムの勤務が基本ですが、派遣社員は勤務時間や出勤日数にもさまざまな選択肢があります。なかには「週4日以下」「1日6時間以下」といった求人も!このほか、派遣社員は正社員とは違い、あらかじめ指定された業務のみを行う契約になっているため、予定外の残業も発生しにくいです。

退職する場合にも、派遣先企業との交渉は派遣会社の担当者が行ってくれるので、余計な心労や手間がありません。育休、産休も取りやすい体制になっていることが多く、総じて家庭の事情やプライベートを優先しやすい働き方だといえます。

2. 正社員より仕事が決まりやすい

派遣社員は人手が足りないときの欠員補充として募集されていることが多く、条件が合っていれば、仕事が決まるスピードが非常に早いです。登録から就業までは、平均で2〜3週間ほど。早いと即日で仕事が決まるようなケースもあります。

就業に際しては派遣先企業に出向いての職場見学がありますが、面接や採用試験などは基本的にありません。このように正社員と比べると働き始めるまでのハードルが圧倒的に低いのも、派遣社員のメリットです。

3. いろんな職場で働ける

派遣社員は3ヶ月など決められた期間での契約更新があり、その都度、継続の意思を確認されます。合わないと感じれば契約更新のタイミングに合わせて、次の派遣先を探すことも可能です。

また労働者派遣法によって、派遣社員が同じ職場で働けるのは、最長でも3年までと決められています。そのため、長く派遣社員を続けていると、必然的に多くの職場を転々とすることになるのです。こういった側面から「いろんな企業の内情を知れて勉強になった」という人も多いんですよ。

派遣社員として働くデメリット

悪い口コミ・評判

続いて、派遣社員のデメリットを見ていきましょう。大きく以下の3つが挙げられます。

1. いつ仕事がなくなるかわからない

正社員とは違い、派遣社員は派遣先企業に所属しているわけではないため、貢献度が低いと見なされれば、継続契約を断られてしまうこともあります。言うなれば、いつ仕事がなくなってもおかしくないのです。

継続がない場合、契約更新の1ヶ月以上前に、派遣会社の担当者が派遣社員に通達する決まりになっているため、次の職場を探す期間は十分にあります。ただ、常にそういったリスクがあることを考えながら働くのは、なんだか落ち着かないですよね。

2. 収入が安定しない

派遣社員の仕事は基本的に時給制で、正社員のように月々の固定給ではありません。正常に出勤できていればいいのですが、たとえば体調不良で数日休んだ場合などに、その日数分だけ給料が減ってしまうことになります。

また、正社員には勤続年数に応じて年次昇給がありますが、派遣社員にはありません。時給を上げてもらうのも、派遣会社が派遣先に交渉を行わなければならないため、そう簡単ではないでしょう。そのため、ある程度年齢を重ねてくると、「同年代の正社員と比べて年収に大きな差を感じる」と話す派遣社員も少なくありません。

3. 大きな仕事を任せてもらえない

派遣社員はあくまで欠員補充のポジションになることが多く、正社員のような責任の大きな仕事は任されません。いいように捉えれば気楽なのですが、いつまで経っても簡単な仕事しか任されないため、スキルアップには繋がりにくいです。

こういった側面から、派遣社員のことを「簡単な仕事しかできない」と見下す正社員もなかにはいるため、職場によっては働きにくさを感じることもあるでしょう。いずれ正社員を目指している人は、並行して資格の勉強をするなど、自分でスキルアップする工夫が必要になってきます。

元派遣会社の営業マンが教える!正しい派遣会社の選び方

派遣会社の選び方

派遣社員の仕組みやメリット・デメリットが理解できたところで、いよいよ派遣会社の選び方を見ていきましょう。元派遣会社の営業マンが正しい選び方を4つご紹介します

1.  同時に2社以上は登録をしない

スマホで登録する女性

派遣社員をやっている人には、複数の派遣会社に同時に登録して仕事を探す人が多いです。たくさん登録しておいたほうが、求人の数も増えて仕事が見つかりやすいからですね。しかし、元営業マンの立場から言わせてもらうと、同時に2社以上の登録はおすすめしません。 

1社だと紹介される求人が少ない場合があるので、必ず2社は登録してほしいのですが、それ以上に登録してしまうと紹介される求人が多すぎて、処理しきれなくなります。目を通せない求人が増えてくると、「せっかく理想の求人があるのに見落としてしまった…」なんてことにもなりかねません。

河瀬信幸のプロフィール画像
河瀬信幸
一気3社以上に登録してしまうと、紹介される仕事が多くて管理しきれなくなるので要注意! 

今回、エラベルでは、派遣社員250人を対象に、登録している派遣会社数のアンケートを実施。その結果でも、同時に利用している派遣会社は「2社」と答えている人が一番多かったです。

アンケート概要

  • 調査内容:「派遣会社」に関するアンケート調査
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査人数:250人
  • 対象者:派遣会社に登録している方
  • 調査期間:2021年5月20日~2021年5月25日

【派遣会社には何社登録していますか?】

 
派遣会社には何社登録していますか?円グラフ
【登録者数詳細】
  • 1社:31%(77名)
  • 2社:36%(90名)
  • 3社:21%(51名)
  • 4社:6%(16名)
  • 5社:1%(3名)
  • 6社以上:5%(13名)
河瀬信幸のプロフィール画像
河瀬信幸
アンケート結果からも派遣会社の登録は2社!これがベストです!

2. 大手の派遣会社を選ぶ 

大手企業のオフィス

派遣会社を選ぶポイントで、最も重要なのは「大手の派遣会社を選ぶこと」です。 大手を選ぶと、以下の3つの理由から、安心して働けるケースが多いためです。

大手派遣会社を選ぶべき3つの理由

  • 求人数が多く、仕事が決まりやすい
  • 時給が高いケースが多い
  • 派遣先企業を厳しく審査しているため、トラブルに遭いづらい

大手の派遣会社は、中小の派遣会社に比べて圧倒的に保有求人数が多いです。求人数が多ければ、「理想の求人に出会いやすくなる」「紹介してもらえる仕事の母数が増える」などいいことづくめ!

また、中小の派遣会社は利益確保のために、自社の取り分を多く設定していることが多いため、大手のほうが時給が高くなる傾向にあります。

このほか、大手派遣会社のほうが派遣先選定の審査を厳しく行っているので、悪質な派遣先に当たる確率も低く、トラブルにもなりにくいです。

少なくとも、登録する2社のうち1社は大手の派遣会社を選びましょう

河瀬信幸のプロフィール画像
河瀬信幸
トラブルは大手派遣会社のほうが少ないと断言できます。大手企業では、資本金から過去のトラブルなど厳しく審査しているのですが、小規模派遣会社では、無審査も多いのが現実!テンプスタッフ、スタッフサービス、リクルートスタッフィングあたりに登録しておくと安心です。 

 3. 優良派遣事業者に認定されている派遣会社を選ぶ 

派遣会社選びで失敗しないためには、優良派遣事業者に認定されている派遣会社を選ぶことも大切です。

優良派遣事業者とは?

法令を遵守しているだけでなく、派遣社員のキャリア形成支援やより良い労働環境の確保、派遣先でのトラブル予防など、派遣社員と派遣先の双方に安心できるサービスを提供できているかどうかについて、一定の基準を満たした派遣事業者を「優良派遣事業者」として認定します。 ※優良派遣事業者認定制度」より引用

 優良派遣事業者認定制度は厚生労働省」の委任による認定制度で、2022年3月現在、全国約4万社ある派遣会社のうち、155社が登録されています。 

  • 法令遵守
  • キャリア支援
  • 派遣企業のトラブル予防

以上のように、派遣社員が安心して働ける体制が整っている証明なので、登録を考えている会社のホームページに記載があるかをしっかりチェックしておきましょう!また、優良派遣事業者認定制度のサイト上のデータベースでも、認定されている会社かどうかを確認できます。

河瀬信幸のプロフィール画像
河瀬信幸
優良派遣事業者に選ばれていると、かなり信頼感が増しますね!

4. ホームページの情報や登録時の体感から、自分に合っているかを判断

派遣会社を選ぶ際には、気になる派遣会社のホームページを徹底的にチェックしましょう。また、実際に登録したときの体感で判断して、その派遣会社で仕事を探すかどうかを決めるのも大事です。具体的には、以下の点に注目して下調べをしましょう。

希望条件に合う求人が揃っているか確認する

今回は派遣社員の人が派遣登録を行う際、「何をもっとも重要視しているか」のアンケート調査も行いました。結果、1位は「時給・待遇」、2位は「希望する業界の求人数」となり、希望条件に関する意見が上位の大半を占めました。

「派遣会社に登録する時に最も重要なポイントは何ですか? 」のグラフ

【派遣会社に登録する時に最も重要なポイントは何ですか?】

  • 1位:時給・待遇が良さそう 29%(149票)
  • 2位:希望する業界の求人が多そう 25%(131票)
  • 3位:派遣会社の知名度(大手など) 24%(127票)
  • 4位:ネット上の派遣会社の口コミや評判 11%(58票)
  • 5位:近くに登録会場(支店)がある 7%(36票)
  • 6位:知人・友人からの紹介 2%(12票)
  • 7位:登録会の雰囲気 1%(7票)
  • 8位:その他 1%(3票)
河瀬信幸のプロフィール画像
河瀬信幸
ひと昔前までは派遣会社の知名度で登録する人が多かったのですが、求人を検索しやすくなっていることから、実際の求人を見て登録するかを判断する人が増えてきたように感じます。

そう、大手派遣会社のサイト上では「週4日以下」「残業なし」「未経験歓迎」など、条件をかなり細かく指定して、求人を探すことができます。自分の希望する条件で検索してみてヒット数の多い派遣会社を選べば、理想の形で就業できる確率も高まるでしょう。

また、家庭事情によっては、短期・単発の派遣バイトで働きたいときだけ働くという方法もおすすめです。短期・単発の派遣バイトは即日エントリーが可能で、日払いで給料がもらえたりするため、会社の休日や、家事の合間に利用している人も多いんですよ。

本格的に派遣社員をやるほどではないけど、空いた時間を有効活用したい。そんな人は「フルキャスト」「バイトレ」など、短期・単発バイトに特化した派遣会社をチェックしてみましょう!

スキルアップ制度に受けたいものがあるか確認する

大手派遣会社のホームページでは、だいたいどの会社でも、実施しているスキルアップ制度についての説明が載せられています。スキルアップ制度について書かれたページを参照し、以下の視点で内容をチェックしておきましょう。

  • 「自分が受けたいと思う講座があるか」
  • 「欲しい資格を取得できるような仕組みがあるか」
  • 「他所の派遣会社と比べて充実度はどうか」

スキルアップ制度については、派遣会社に登録したあとに、会員専用ページからより詳細な情報が得られることもあるので、ひとまず登録してから吟味するのもありです。

担当者が誠実に対応してくれるかどうかを見極める

派遣社員として働くうえで、もっとも重要と言って過言ではないのが、派遣会社の担当者が誠実に対応してくれるかどうかです。契約更新や時給交渉、派遣先でのトラブル対応など、派遣社員はすべてが派遣会社の担当者頼みになるためです。

2社同時に登録してみて、それぞれ担当者の対応を見比べてみましょう。

  • 希望条件に耳を傾け、マッチする求人を探す努力をしてくれるか
  • 事前説明と実際の仕事の条件が違っていないか

これらの視点で見比べてみて、「この担当者なら任せても安心だ」と感じた派遣会社で就業を決めるのがいいです。

登録前の段階でも気になる求人があれば、電話で派遣会社に問い合わせてみるのもひとつの手です。良い対応をしてくれる派遣会社なら、登録前でも丁寧に説明してくれるでしょう。

523人が徹底評価!派遣会社おすすめ人気ランキングTOP10

ここからは、おすすめの派遣会社ランキング10選を紹介していきます。実際に派遣会社を利用している523名にアンケートを行い、次の5つのランキングを作成しました!

ランキング一覧

・派遣会社の総合おすすめランキング
…得票数、求人数の多さ、条件の良さ、仕事の決まりやすさ、フォロー体制の総合得点(50点満点)で順位付け

・利用率の多い人気派遣会社ランキング
…523人中の利用人数が多い派遣会社を順番に紹介

・求人数の多い派遣会社ランキング
…総求人数を元にランキングを算出

・条件の良い求人が多い派遣会社ランキング
…「条件が良い」から利用しているという回答が多かった派遣会社を利用人数で割って点数化(10点満点)

・仕事の決まりやすい派遣会社ランキング
…「仕事がすぐ決まった」から利用しているという回答が多かった派遣会社を利用人数で割って点数化(10点満点)

・フォロー体制が良い派遣会社ランキング
…「フォロー体制が良い」から利用しているという回答が多かった派遣会社を利用人数で割って点数化(10点満点)

各ランキングは、ボタンで切り替えることができるので、ぜひ気になる条件でチェックしてみてください!

"{{ sortLabel }}" おすすめ派遣会社
画像 派遣会社名 口コミ満足度 総求人数 紹介予定派遣 所在地 利用人数 福利厚生

{{ item.order }}

{{ getOmittedText(item.company, 10) }}
{{ getOmittedText(item.product, 17) }} {{ getOmittedText(item.product, 17) }}
{{ item.reviewAverage.toFixed(2) }}
口コミ({{ item.reviewCount }}件)
{{ moreTable ? 'ー 閉じる' : '+ ランキングを全て見る' }}
※ランキングは編集部で作成しています。
No.{{ item.order }}
{{ item.subTitle }}

{{ item.product }}

{{ item.company }}
口コミ満足度 {{ item.reviewAverage.toFixed(2) }}
口コミ({{ item.reviewCount }}件)
{{ item.img[0].citeText }} {{ item.img[0].citeText }}
{{ item.img[1].citeText }} {{ item.img[1].citeText }}
{{ slide.citeText }} {{ slide.citeText }}

{{ item.product }}

{{ item.company }}
口コミ満足度 {{ item.reviewAverage.toFixed(2) }}
口コミ({{ item.reviewCount }}件)
{{ priceLabel }} {{ getLowestPrice(item) !== -1 ? Number(getLowestPrice(item)).toLocaleString() : Number(item.price).toLocaleString() }}

{{ item.recommend }}

口コミ

{{ comment.age }}{{ comment.profile1 ? '|' + comment.profile1 : '' }}{{ comment.profile2 ? '|' + comment.profile2 : '' }}

総合評価 {{ comment.rank.toFixed(1) }}
  • {{ comment.label1 }}:{{ comment.point1 }}
  • {{ comment.label2 }}:{{ comment.point2 }}
  • {{ comment.label3 }}:{{ comment.point3 }}
  • {{ comment.label4 }}:{{ comment.point4 }}
  • {{ comment.label5 }}:{{ comment.point5 }}
  • {{ comment.label6 }}:{{ comment.point6 }}
  • {{ comment.label7 }}:{{ comment.point7 }}
  • {{ comment.label8 }}:{{ comment.point8 }}

{{ comment.title1 }}

{{ comment.title2 }}

{{ comment.title3 }}

{

→口コミを全て見る
{{ item.showMore ? '閉じる' : '詳しく見る' }} ↓
{{ moreTable ? 'ー 閉じる' : '+ 10位以降の商品を見る' }}

派遣会社の登録方法と就業までの流れ

登録したい派遣会社が決まったところで、登録から就業までの流れも確認しておきましょう。全6ステップに分けて解説していきます!

  1. WEB登録
  2. 派遣登録会
  3. エントリー
  4. 社内選考
  5. 職場見学
  6. 就業開始

1. WEB登録

スマホで登録

まずは、派遣会社の公式サイトへアクセスし、サイト上の登録フォームから簡易登録を行いましょう。名前やメールアドレス、勤務希望地や希望の職種など、登録フォームの入力は5分ほどで完了します。

このとき、簡易登録と同時に、派遣登録会の日程予約をすることになります。登録会の日までに、履歴書、職務経歴書を準備しておきましょう。

河瀬信幸のプロフィール画像
河瀬信幸
登録会に参加するまでに履歴書と職務経歴書はデータで派遣会社側に送っておくと、登録会当日の面談で仕事を紹介してもらいやすいです! 

2. 派遣登録会

派遣登録会

派遣登録会は、予約時に指定のあった派遣会社の会場で行われます。所要時間は1〜2時間。行程は以下の通りです。

  • 注意事項の説明
  • タイピングテスト
  • 面談

要するに、その人の能力に見合った仕事を紹介するためのスキルチェックのようなものです。

実はこの派遣登録会は、派遣登録でもっとも重要なステップでもあります。詳しくは、記事後半の登録会で全てが決まってしまう…派遣会社の裏側とは?で解説します!

河瀬信幸のプロフィール画像
河瀬信幸
面談でどういう印象を与えるかで紹介される仕事の数が変わるので気合を入れて臨んで下さい!

3. エントリー

エントリーをする女性

登録会が完了したら、気に入った仕事へのエントリーです!

自分で求人を検索するか、もしくは派遣会社の担当者が紹介してくれることもあります。

エントリーは基本的に1つずつで、2つ3つと、別の求人に同時に応募することはできません。

河瀬信幸のプロフィール画像
河瀬信幸
あまり無理した内容(スキル不足、経験不足など)に応募すると不採用になる可能性が高く、時間を無駄にしてしまいます。迷った場合は「この仕事、採用される可能性はありますか?」と、担当者に聞いてみるのがおすすめ!  

4. 社内選考

社内での選考会議

エントリーの次は、派遣会社内での選考です。

スキルや経験などが派遣先企業のニーズに合っているか、さまざまな条件を加味して複合的に判断されます。

エントリーから合否の結果が出るまでは、通常3日〜1週間ほど。連絡が遅くなるほど、採用の可能性は低くなります。

河瀬信幸のプロフィール画像
河瀬信幸
条件にバッチリ合っている場合は即日連絡がきます。連絡が遅い場合は、スキルや経験が足りていないケースが多く、派遣会社側は他の人と見比べて決めようと考えています。最後まで気を落とさず待ちましょう。 

5. 職場見学

派遣登録会での面談

社内選考に通過したら、次は派遣先企業に出向いての職場見学です。

派遣では「面接」という言葉が禁止されているため「職場見学」と呼ばれていますが、内容は面接といって差し支えありません

ほとんどの企業が、他の派遣会社から紹介された人と比較することを目的にしています。派遣会社ですでに選考を通過しているからといって気を抜かないようにしましょう。 

具体的に、職場見学では以下のポイントが確認されます。

  • スキル、経験
  • 人柄、雰囲気
  • 就業条件の確認(残業など) 
河瀬信幸のプロフィール画像
河瀬信幸
面接だと思ってちゃんと自分自身を伝えられるように準備をしておいてください!ここでダメだとまた仕事の応募からやり直しです! 

6. 就業開始

出社する人

職場見学を経て、合格通知を受け取ったら、めでたくお仕事スタートになります。

初日は多くの場合、派遣会社の担当者が同行してくれるので安心です。

また、仕事始めは特に、担当者が小まめな連絡で様子を伺ってくれるようになっています。不安な点があれば早いうちに質問しておきましょう!

河瀬信幸のプロフィール画像
河瀬信幸
派遣で仕事を始めるときは不安でいっぱい。ただ同じ職場に派遣スタッフがいるケースも多いですし、派遣会社の担当者がしっかりとフォローをしれくれるので心配しすぎないで大丈夫です。

登録会で全てが決まってしまう?派遣会社の裏側とは

仮面を持ったスーツの男

前述したように、派遣会社では登録会が全てです。

実は、派遣登録会の面談では、登録した人一人ひとりに対してランク付けが行われています。

ランク付けの例

  • 経験:B+
  • スキル:A-
  • タイピングスピード:80点
  • 雰囲気:B
  • 容姿(顔):B+

登録者のランクは、その後紹介される仕事内容に影響してきます。

条件の良い仕事を紹介してもらうため、タイピングや面談の受け答えを前もって練習しておくなど、入念な準備をして登録会に臨むのがおすすめです!

派遣会社で仕事を紹介してもらいやすくするコツ

たったひとつ

「どうやったら仕事を紹介してもらいやすくなりますか?」

私も派遣の営業をやっていた当時は、このような質問を受けることが多くありました。

もちろんほかの人にないスキル、経験があれば仕事は常に紹介されるようになります。しかし、そうでない人は「営業担当者と仲良くすること」が大切です。

営業担当者との信頼関係が築けていれば、公開される前の好条件の仕事を個別で紹介されるようなケースも多々あります。逆に「この人に仕事は紹介したくないな」と思われれば、エントリーしても次には繋がりにくいです。

なにもフレンドリーに接しろという話ではなく、社会人としての礼儀をわきまえていれば、そう嫌われることはありません。仕事を紹介してもらえることへの感謝を忘れず、担当者と接するようにしてみてください。

スキルを高めたいという方は、こちらの記事もぜひ参考にしてみてくださいね!

転職に役立つおすすめ資格

【業界別】転職に役立つおすすめ資格一覧|112人の資格保有者の意見を基に徹底調査

女性におすすめ資格26選

【資格コンサルタント監修】女性におすすめの人気資格26選!人生を豊かにする自分にピッタリの資格とは?

未経験 エンジニア

現役エンジニア270人が教える未経験からエンジニアになるため学習法を徹底分析!

【求人検索のコツ】希望条件の優先順位を決める

スマホを見る女性
派遣会社の求人検索を上手に使いこなすコツは、「希望条件の優先順位を決めること」です。検索機能上では複数の条件を指定できますが、あれもこれもと詰め込みすぎると、条件に合う求人数が減って仕事が見つかりにくくなります。
 
設定する条件は、2〜3個に絞るのがベスト。自分が働くうえで何を一番大切にしたいのかよく考えて、優先順位を絞ってみましょう。
 

検索条件の設定例

  • 家から通いやすいほうがいい…最寄駅の周辺で勤務地を指定
  • プライベートを優先したい…「残業なし」「6時間以下」など、勤務時間や出勤日数の条件をニーズに合わせて設定
  • スキルに自信がない…「未経験歓迎」で検索
  • 目指している分野がある…業種、職種だけでなく、保有資格を条件に設定
  • 大手企業で働いてみたい…「大手企業」「外資系企業」「有名企業」などを条件に設定
  • 職場の雰囲気を重視したい…「ママさん活躍中」「少人数でアットホーム」「髪色明るめOK」などの条件で検索

派遣会社のブラックリストは存在する!?

ブラックリストボックス

派遣会社にも、ブラックリストは存在します

ただし、クレジットカードのように派遣会社全体で共有されるものではありません。業界全体で共有されるブラックリストを作ることは、労働基準法で禁止されています。

使用者は、あらかじめ第三者と謀り、労働者の就業を妨げることを目的として、労働者の国籍、信条、社会的身分若しくは労働組合運動に関する通信をし、又は第一項及び第二項の証明書に秘密の記号を記入してはならない。

労働基準法

ではどのようなブラックリストなのかというと、各派遣会社で管理されている各派遣社員に対する評価のようなもの。何かトラブルなどを起こすと「この登録者には仕事は紹介できません」とデータベース上にはっきり記載されてしまうというわけです。

もし、ブラックリストに載ってしまうと、何度エントリーしようとも、仕事が決まることはありません。「エントリーはできても、まったく次に進まない」そんな状況が続いている場合は、ブラックリストに載っている可能性が高いです。

こんな人はブラックリストに載っているかも?

  • 10回以上、エントリーで止まってしまっている
  • エントリーしても毎回「ほかの方で進めています」と言われる

ブラックリスト載ってしまった際の解決策には、以下の2点が挙げられます。

  • 短期・単発の仕事から始めて、信頼を回復をする
  • その派遣会社はあきらめて、違う派遣会社に登録する

ただし、短期・単発の仕事で信頼を回復させるには、けっこうな時間がかかると想定されます。やはり、ダメだと思ったら派遣会社を変えてしまうのが一番手っ取り早いでしょう。

ブラックリストに載ってしまう人の特徴

派遣会社のブラックリストに載ってしまう人には、以下のような特徴があります。

  • 契約途中で終了を申し出る
  • 派遣先からの評価が低い
  • 欠勤、遅刻が多い(無断欠勤は1発アウト)
  • 派遣先に悪い印象を与える懸念がある

派遣先に悪い印象を与えることが懸念される人は、「清潔感がない人」「受け答えがちゃんとできない人」「働く上での注文がやたら多い人」など。こういった人は下手すれば派遣登録会の段階でブラックリスト入り、なんてこともあり得ます。

250名に聞いた!派遣でのトラブルNo.1

悩んでる女性

派遣社員として働いていると、雇用形態の不安定さから、トラブルに発展することも少なくありません。アンケートでも、仕事上の契約に関して、トラブルがあったという意見がもっとも多く見られました。

アンケート概要を見る

アンケート概要

  • 調査内容:「派遣会社でのトラブル」に関するアンケート調査
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査人数:250人
  • 対象者 :派遣でトラブルにあったことがある方
  • 調査期間:2021年5月20日~2021年5月25日

「派遣ではどんなトラブルがありましたか? 」のグラフ

【派遣ではどんなトラブルがありましたか?】

  • 1位:仕事内容・契約関連 42%(68票)
  • 2位:人間関係 36%(58票)
  • 3位:給与関連 6%(10票)
  • 4位:派遣会社の営業マン 5%(8票)
  • 5位:仕事紹介・求人 4%(7票)
  • 6位:派遣登録会 1%(2票)
  • 7位:その他 6%(9票)

「契約以外の仕事を依頼された」という不満のほか、「急に契約期間が短縮された」「決まっていた仕事が契約前になくなった」など、急なトラブルで路頭に迷ってしまう例も少なくありません。また、派遣先は派遣会社にとってお得意先ということもあって、派遣会社側が強く出れず、解決にいたらないケースも多いようです。

<起こったトラブルは解決した?>

「トラブルは解決しましたか? 」のグラフ

【起こったトラブルは解決しましたか?】

  • 解決した:28%(46票)
  • 解決しなかった:72%(116票)

回答者の口コミでは、以下のような意見が目立ちました。

  • 「トラブルを解決するのが面倒で派遣会社を変えました」
  • 「営業担当者に話をしたのに全く動いてくれなかった」
  • 「弱い立場なので、こちら側が条件をのむしかなかった」

やはり、担当者に相談してもどうにもならないことが多い様子。不満を感じたら派遣会社を変えるのが最善の方法といえそうです。

河瀬信幸のプロフィール画像
河瀬信幸
派遣で1年以上働いているとトラブルの1つや2つは経験するものです。派遣会社の営業担当者も動いてはくれるものの、派遣先の顔色も伺わなければいけないので、なかなか解決できないことが多い現状です。

「丸一日給料なし!」「即打ち切り!」など、派遣社員162名に派遣会社の驚くべきトラブルを聞きました!

ブラック派遣会社の見分け方は?

むしめがね

ほとんどの派遣会社は当てはまりませんが、中にはブラック派遣会社と呼ばれる悪質な派遣会社があります。どんな特徴があればブラックなのか、以下より見ていきましょう。

ブラック率100%

  • 給与の支払いが遅れる
  • 急に契約が切られる(保障なし)
河瀬信幸のプロフィール画像
河瀬信幸
給与の支払い遅れ、途中解約があるような派遣会社は間違いなくブラックです!できるだけ早く縁を切って、違う派遣会社に登録して下さい。

ブラック率70%

  • 契約にない仕事をさせてくる
  • トラブルがあっても知らんぷり
  • 条件に合わない仕事を押し付けてくる
  • 残業代をつけてもらえない
河瀬信幸のプロフィール画像
河瀬信幸
トラブルに向き合ってくれない派遣会社は早めに見切りをつけた方がいいです。残業代をちゃんとつけない派遣会社もアウト!!

ブラック率30%

  • 営業担当者がポンコツ
  • どこの派遣先に行っても契約が短期で終了してしまう
河瀬信幸のプロフィール画像
河瀬信幸
営業担当がポンコツなのは実際に働いてみないとわからないので、エントリーを2社同時に進めることをおすすめします。どこの派遣先に行っても長続きしないのは、派遣スタッフ側の問題の可能性もあり!担当者に何がいけないのか確認してみるのがいいでしょう!

派遣スタッフよりも自社の利益を優先するような派遣会社は確実に存在しています。

働いている派遣会社に少しでも違和感があれば、違う派遣会社に登録するのがおすすめです。こちらの記事では「派遣会社のワーストランキング」を紹介しているので、評判の悪い派遣会社を避けるのに役立ててくださいね!

派遣会社のワーストランキング

派遣会社のワーストランキング10選|絶対ブラック派遣に引っかりたくない人必見

派遣で働く前に知りたいみんなの疑問

疑問

派遣会社に対するよくある質問をまとめました!派遣社員の仕事をするうえで疑問があれば、ぜひ参考にしてみてください。

よくあるQ&A

    派遣会社が多くて結局どこを選んでいいか分かりません。

    迷っているのであれば、大手派遣会社のテンプスタッフ、スタッフサービス、リクルートスタッフィングから登録してください。求人数が多いので、条件に合う仕事も見つかりやすいです。

    派遣登録会には私服で行っても良いですか?

    オフィスカジュアルか、スーツで行くのをおすすめします。私服で行くと担当者によっては「派手過ぎる」「スカートが短すぎる」などと判断されてしまう可能性があり、もったいないです。

    仕事を探すための希望条件は全部伝えた方がいいのでしょうか?

    条件があればあるほど紹介される仕事の量は少なくなります。絶対譲れない条件(MUST)と、譲ってもいいと思える条件(MORE)に分けておくのがいいでしょう。

    派遣先が嫌で途中終了したいです。どうしたらいいですか?

    できる限り契約期間内は継続した方がいいですが、どうしても難しい場合は営業担当者に相談して下さい。単に「終了したいです」ではなく、「こういうことがあって仕事がやりづらい」など、相談ベースで話を進めたほうが印象がよく、丁寧に対応してくれる場合が多いです!

    エントリーしても先に進みません。どうしたらいいですか?

    考えられる理由は2つあります。1つはスキルや経験が合っていなくてほかの人で進んでしまっているケース。もう1つはブラックリストに載ってしまっているケースです。いずれにせよ、あまり仕事を紹介してくれない派遣会社は見切って、違う派遣会社に登録すると良いでしょう。

    途中終了をしてしまいました。今後に影響はありますか?

    めちゃくちゃあります。1回ぐらいなら派遣会社も大目に見てくれるかもしれませんが、2回目以降はアウト!ブラックリスト入り決定です。力

    派遣先でトラブルがありました。どう対応したらいいでしょうか?

    自分で派遣先と話して解決するのはオススメしません。トラブルは全部営業担当者に任せましょう。それで話が進まなければ、ポンコツ営業担当です。派遣会社側に相談orクレームを入れるといいでしょう。

    給与の計算が合いません。どうしたらいいでしょうか?

    まず働いた証拠となるタイムシートなどは捨てずに保管しておきましょう。それで計算をして間違っていれば、即派遣会社に指摘して下さい。それでも支払ってくれない派遣会社は確実にブラックです。すぐに他の派遣会社に登録することをおすすめします。

    時給アップはどのタイミングでできますか?

    決まっていません。1カ月でアップする人もいれば2年間アップしない人もいます。

    まずは営業担当者に「時給をアップする根拠」をしっかり提示してください。時給アップは待っていてもしれくれないので、自分で動く必要があります。(営業担当者は1人で数十人の派遣スタッフを抱えているため、細かい部分までは見きれないんです…)

    派遣社員にボーナスはありますか?

    残念ながらありません。どんなに派遣先の業績が良くても一切出ません。

    派遣先の社員さんから飲みに誘われました。どう対応したらいいでしょうか?

    :ご自身の判断で決めて下さい。ただ、2人で飲みに行くのであればそれなりの覚悟をもっていきましょう。派遣先で変な噂が出てしまうと働きづらくなってしまうので。

    派遣社員におすすめの資格は?

    下、おすすめの資格を表にしました。自身の目指す職種に合わせて参考にしてみてください!

    以下、おすすめの資格を表にしました。自身の目指す職種に合わせて参考にしてみてください!

    資格役立つ場面
    MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)事務職で通じるパソコンスキルを証明できる。スペシャリスト、エキスパートの両方取っておくのがおすすめ。
    TOEIC600点以上外資系企業で働きたい場合、英語を使う仕事をしたい場合にアピールポイントとなる。
    日商簿記2級以上経理・財務系の仕事に就きやすくなる。
    FP(ファイナンシャルプランナー)2級以上金融関係の仕事で優遇される。
    秘書検定2級以上秘書を目指す人はもちろん、ビジネスマナーを学べるのでどんな職種にも活かせる。
    ITパスポート、基本情報技術者、CCNA、CCNPエンジニアとしての知識を示せる。
    FP資格TOP画像

    FP(ファイナンシャルプランナー)の資格って役に立つ?|独学の勉強法やおすすめの参考書を紹介!

    派遣社員に有給休暇や社会保険は適用される?

    派遣社員でも条件を満たしていれば、有給休暇や社会保険が適用されます。条件はそれぞれ以下の通りです。

    <有給休暇付与の条件>

    • 6ヶ月以上勤務している
    • 出勤日の8割以上出勤している

    参考:厚生労働省|労働基準行政全般に関するQ&A

    <社会保険の加入条件>

    • 週20時間以上働いている
    • 月88,000円以上の給料がある
    • 雇用期間が1年以上になる見込み
    • 学生ではない

    参考:政府広報オンライン

    条件を満たしているのに社会保険に加入させてくれないのは、れっきとした違法行為。指摘しても取り合ってくれない場合は派遣会社を変えることをおすすめします。

    有給休暇についても法律上は問題なく取れますが、派遣社員は契約期間があるため、まとめては取りにくい風潮になっている派遣会社もあります。

    派遣社員の平均年収は?

    2022年1月度の、三代都市圏における派遣社員の平均時給は1,685円。この条件で1日8時間労働、週休二日で働いた場合は年収約350万円となります。

    参考:2022年1月度 派遣スタッフ募集時平均時給調査【三大都市圏(関東・東海・関西)】|ジョブズリサーチセンター

    ただ、実際はフルタイムで働く派遣社員は少ないため、平均年収はもっと低いと予想されます。エラベルで実施したアンケートでは、平均で年収250万円という結果が出ました。

    まとめ

    派遣社員は派遣先ではなく、あくまで派遣会社に所属しているスタッフのため、自分に合った派遣会社を選ぶことがなにより大切になってきます。今回解説したポイントを参考に、ぜひ相性の良い派遣会社を探してください。

    最後に記事中で解説した派遣会社選びのポイントをもう一度おさらいしておきましょう!

    今回解説した派遣会社選びのポイント

    • 同時に2社以上は登録しない
    • 大手の派遣会社を選ぶ
    • 優良派遣事業者に認定されている派遣会社を選ぶ
    • ホームページの情報や登録時の体感で、自分に合った派遣会社を判断する

    派遣会社に登録したあとは、営業担当と信頼関係を築けるよう、こちらも丁寧な対応を心がけましょう。あなたが理想の形で働けるよう、応援しています!

    Writer執筆者
    河瀬信幸のプロフィール画像
    河瀬信幸

    元派遣会社の営業マン

    元派遣会社の営業マンとして登録会のスタッフ、派遣営業としての派遣スタッフのフォロー、クライアント開拓の営業として活動。その後、日本最大級の派遣会社の口コミサイトをゼロから運営。また転職、美容、脱毛など20サイト以上のメディア運営などに携わってきた。

    関連記事

    「丸一日給料なし!」「即打ち切り!」など、派遣社員162名に派遣会社の驚くべきトラブルを聞きました!
    転職 | 2021.5.31

    「丸一日給料なし!」「即打ち切り!」など、派遣社員162名に派遣会社の驚くべきトラブルを聞きました!

    河瀬信幸のプロフィール画像
    元派遣会社の営業マン 河瀬信幸
    テンプスタッフは評判悪い?|元・現役派遣社員103人のリアルな口コミを徹底調査
    転職 | 2021.11.4

    テンプスタッフは評判悪い?|元・現役派遣社員103人のリアルな口コミを徹底調査

    ELABEL編集部のプロフィール画像
    ELABEL編集部 ELABEL編集部
    キャリアの口コミ評判|実際の派遣利用者にリアルな実情を徹底調査
    転職 | 2022.5.13

    キャリアの口コミ評判|実際の派遣利用者にリアルな実情を徹底調査

    ELABEL編集部のプロフィール画像
    ELABEL編集部 ELABEL編集部
    働くナビ!(テクノ・サービス)の口コミ評判|リアルな実情を派遣利用者に徹底調査
    転職 | 2022.5.13

    働くナビ!(テクノ・サービス)の口コミ評判|リアルな実情を派遣利用者に徹底調査

    ELABEL編集部のプロフィール画像
    ELABEL編集部 ELABEL編集部
    フルキャストの口コミ評判|派遣利用者94人のリアルな評価を徹底調査
    転職 | 2022.5.13

    フルキャストの口コミ評判|派遣利用者94人のリアルな評価を徹底調査

    ELABEL編集部のプロフィール画像
    ELABEL編集部 ELABEL編集部
    ホットスタッフの口コミ評判|派遣利用者のリアルな評価を徹底調査
    転職 | 2022.5.13

    ホットスタッフの口コミ評判|派遣利用者のリアルな評価を徹底調査

    ELABEL編集部のプロフィール画像
    ELABEL編集部 ELABEL編集部