軽作業におすすめの派遣会社11選|経験者104名に聞いたリアルな評価 - エラベル
ライター・専門家
軽作業におすすめの派遣会社11選|経験者104名に聞いたリアルな評価

軽作業におすすめの派遣会社11選|経験者104名に聞いたリアルな評価

派遣の中でも軽作業は、未経験や仕事にブランクがある人でもはじめやすい仕事です。しかし、いざ働いてみようと思っても、ランスタッドやパソナなどさまざまな派遣会社があり、どのサービスを選ぶか迷ってしまいますよね。

そこで、今回は実際に派遣スタッフとして軽作業の仕事をしたことがある方104名にアンケートを実施し、軽作業におすすめの派遣会社ランキング11選を作成しました!

リアルな口コミを踏まえた工場・製造業のメリットやデメリットや、「どんな仕事なの?」「時給はいい?」など、気になる疑問も解説しているのでぜひ参考にしてください!

おすすめ軽作業におすすめの派遣会社 ランキングTOP11 (一部抜粋)

  • 1位:
  • 2位:
  • 3位:
  • 4位:
  • 5位:
→おすすめ軽作業におすすめの派遣会社 ランキングTOP11を見る

軽作業におすすめの派遣会社ランキング11選

今回は、実際に派遣会社を利用して軽作業の仕事をしたことがある104名にアンケートを実施。その結果を元に、以下のランキングを作成しました。

  • 軽作業におすすめの派遣会社ランキング
  • 総求人数が多い派遣会社ランキング
  • 軽作業求人数が多い派遣会社ランキング
  • 女性におすすめの軽作業向き派遣会社ランキング
  • 担当者の質が高い軽作業におすすめの派遣会社ランキング
  • 未経験OKな軽作業におすすめの派遣会社ランキング
  • サポート体制が充実している軽作業におすすめの派遣会社ランキング
アンケート概要

調査内容:派遣会社に関するアンケート調査

調査方法:インターネット調査

調査人数:104人

対象者 :派遣会社を使って軽作業の勤務経験がある人

調査期間:2022年4月28日~2022年5月2日

<質問一覧>

Q1:性別・年代

Q2:派遣会社の利用期間

Q3:メインで利用している(していた)派遣会社

Q4:選んだ派遣会社の総合満足度(5段階評価)

Q5:上記評価をつけた理由

Q6:研修やサポート制度を評価(5段階評価)

Q7:メインで利用している(していた)派遣会社

Q8:選んだ派遣会社の担当者に対する満足度(5段階評価)

Q9:上記評価をつけた理由

Q10:選んだ派遣会社の担当者に対する満足度(5段階評価)

Q11:上記評価をつけた理由

Q12:派遣会社の業務の中で軽作業を選んだ理由

Q13:軽作業の仕事における満足度(5段階評価)

Q14:上記評価をつけた理由

Q15:派遣会社を経由して軽作業現場で働く際に、困ったこと

Q16:派遣社員として軽作業現場で働くメリット

Q17:派遣社員として軽作業現場で働くデメリット

Q18: 派遣会社を経由して軽作業を始める場合、事前に知っておいた方がよいこと

各ランキングのボタンをタップして、あなたにぴったりの軽作業向き派遣会社をみつけてくださいね!

工場・製造業向けのおすすめ派遣会社ランキングがになる方は、こちらの記事も要チェックです!

工場・製造業におすすめの派遣会社

工場・製造業におすすめの派遣会社17選|経験者181名によるリアルな評価・口コミ

"{{ sortLabel }}" おすすめ軽作業におすすめの派遣会社
商品画像 サービス名 口コミ満足度 求人数 軽作業の求人数 未経験OK工場求人数 サポート満足度 担当者満足度 総合満足度

{{ item.order }}

{{ getOmittedText(item.company, 10) }}
{{ getOmittedText(item.product, 17) }} {{ getOmittedText(item.product, 17) }}
{{ item.reviewAverage.toFixed(2) }}
口コミ({{ item.reviewCount }}件)
{{ moreTable ? 'ー 閉じる' : '+ ランキングを全て見る' }}

No.{{ item.order }}
{{ item.subTitle }}

{{ item.product }}

{{ item.company }}
口コミ満足度 {{ item.reviewAverage.toFixed(2) }}
口コミ({{ item.reviewCount }}件)
{{ item.img[0].citeText }} {{ item.img[0].citeText }}
{{ item.img[1].citeText }} {{ item.img[1].citeText }}
{{ slide.citeText }} {{ slide.citeText }}

{{ item.product }}

{{ item.company }}
口コミ満足度 {{ item.reviewAverage.toFixed(2) }}
口コミ({{ item.reviewCount }}件)
{{ priceLabel }} {{ getLowestPrice(item) !== -1 ? Number(getLowestPrice(item)).toLocaleString() : Number(item.price).toLocaleString() }}

{{ item.recommend }}

口コミ

{{ comment.age }}{{ comment.profile1 ? '|' + comment.profile1 : '' }}{{ comment.profile2 ? '|' + comment.profile2 : '' }}

総合評価 {{ comment.rank.toFixed(1) }}
  • {{ comment.label1 }}:{{ comment.point1 }}
  • {{ comment.label2 }}:{{ comment.point2 }}
  • {{ comment.label3 }}:{{ comment.point3 }}
  • {{ comment.label4 }}:{{ comment.point4 }}
  • {{ comment.label5 }}:{{ comment.point5 }}
  • {{ comment.label6 }}:{{ comment.point6 }}
  • {{ comment.label7 }}:{{ comment.point7 }}
  • {{ comment.label8 }}:{{ comment.point8 }}

{{ comment.title1 }}

{{ comment.title2 }}

{{ comment.title3 }}

{

→口コミを全て見る
{{ moreTable ? 'ー 閉じる' : '+ 10位以降の商品を見る' }}

軽作業を扱う派遣会社の選び方

ここでは、軽作業の案件を紹介している派遣会社の選び方を3つ紹介していきます。

1.優良派遣事業者を選ぼう

2.軽作業の案件数が多い会社を選ぼう

3.研修制度がある会社を選ぼう

選ぶうえで必ず押さえたいポイントを詳しく解説していくため、派遣会社を決める参考にしてくださいね!

1.どの会社を選べばよいかわからない人は、優良派遣事業者を選ぼう

派遣会社が多くてどの会社を選べばよいか迷ってしまうという人は、優良派遣事業者を選んでおけば間違いありません。優良派遣事業者とは、厚生労働省の基準をクリアした会社のこと。「派遣労働者・派遣元事業者・派遣先事業者の3者にとってよい企業である」という証であるため、信頼に値する企業であることを意味します。

具体的には法律をしっかり守っていたり、トラブルがあったときにしっかりフォローしてくれたりと利用側にとってメリットがあることばかりです。久しぶりに仕事復帰をするので、サポート体制が整っているところで業務を探したいという人も、優良派遣事業者に登録されている派遣会社を選ぶのがおすすめです。令和3年度の優良派遣事業者に認定されている会社はこちらから確認できます。 

2.軽作業の案件が多い会社だと、仕事がないという事態を防げる

軽作業の案件の豊富さも、派遣会社選びにおいて重要なポイントです。業界トップクラスの案件を扱っている派遣会社だとしても、事務や力仕事などばかりで軽作業の求人が少ないなんてことも多いにあります。

具体的には3,000〜5,000件ほど扱っている会社を選ぶのがおすすめです。そうはいっても、サイト内には掲示していない非公開求人を扱う派遣会社もあるので、サイトの使いやすさや福利厚生の豊富さなどを見て気に入った会社があれば、一度登録して軽作業の案件数を聞いてみるのもよいでしょう。

3.研修制度がある会社だとスキルアップも見込める

セミナーを受ける女性

スキルアップを希望している場合は、研修制度や資格補助制度がある会社を選ぶのもおすすめです。軽作業の仕事は未経験で行える業務が多いものの、フォートリフトなどの免許があると仕事の幅が広がりますよ!

また、軽作業の現場であってもエクセルに数値を打ち込むことがあるため、パソコンのスキルをある程度身につけておくとさまざまな現場でも重宝されるでしょう。

気に入った現場があったとしても「スキルがないから応募できなかった」という事態が続くともったいないので、空いている時間に自分で資格取得に励むのもおすすめです!

資格意味ないTOP画像

「資格は意味ない」って本当?役立たないと言われる理由は?資格保有者と採用担当の本音を徹底調査!

軽作業の派遣経験者104名に聞いた!軽作業のメリットとデメリット

軽作業の満足度アンケート

実際にアンケートを行ったところ、軽作業に満足と答えた人は52%でしたどちらとも言えないと答えた人は29%、不満であると答えた人は19%なので、満足感を味わった人が多い傾向にあるということがわかります。

実際に満足と答えた人からは、「少しずつ仕事ができるようになり、スピードが上がってきて業務を楽しめるようになった」「人に気を遣わず気楽に働ける」「コツコツした業務が元から好き」といった意見が多くあがりました。単純作業であるからこそ、自分一人でゲームのような感覚で仕事ができることに楽しさを感じている人が多いようです。

一方で、不満を感じた人からは「軽作業といっても、部署によっては15kgの箱を持つなどの力仕事になる」や「怪我のリスクが高い」「現場は年上の人が多く、質問がしづらかった」という声が寄せられました。現場によっては大きな商材を扱うことになり、足腰に負担がかかってしまうこともあるようです。

20代女性
20代女性
変に人に気を遣わないから気楽でいい。慣れたら簡単だし喋らなくていい。
20代女性
20代女性
もとからコツコツした作業が好きで、単純作業を1日繰り返ししても飽きない。
40代男性
40代男性
軽作業として全面に募集をしていましたが、大半はなかなかの力仕事が多かったと思います。
10代女性
10代女性
年齢も上の人が多く、知らない人ばかりなので、現場で質問したりしづらく、あまり居心地はよくなかった。

軽作業勤務のメリット「未経験で働ける」「即日OKの案件が多い」

良い口コミ・評判

軽作業を行う大きなメリットは、それほど難しい業務がなく、未経験でも働けるということです。前職で軽作業の業務をしたことがない人でも単純作業が多いため、慣れてしまえば楽しく仕事ができるでしょう。

また、1人で黙々と業務を行えるのも大きな魅力。必要最低限コミュニケーションを取れれば仕事が回るため、集中してコツコツ取り組むのが好きな人にぴったりですよ。

さらに即日働ける案件が多いのも利点です。軽作業は様々な業務があるため、単発の案件をこなして、自分に向いているものが何かを把握してできるのは、他の業務にはない特徴。自分にあう業務を見つけてから長期で働く場所を決めることで、働き始めてから思っていたのと違ったというトラブルを避けられるでしょう。

10代男性
10代男性
難しい事はなくて、上の人の指示に従うだけでいい
20代女性
20代女性
自分自身軽作業にとても向いているタイプだったので黙々と集中して作業することができるのが良かった
20代女性
20代女性
即日働ける仕事が多いのが一番のメリットです。

軽作業をする際のデメリット「仕事が単調」「適当に扱われやすい」

悪い口コミ・評判

一方でデメリットは、仕事が単調なので人によって合う合わないがあるということです。シャンプーの箱詰めや食品をパックに詰める作業など、同じ作業を8時間続ける現場もあるため、飽きっぽい人ややりがいを求める人には不向きです。

また派遣社員を多く雇っている事業所などでは、適当に扱われることが多いのもネック。見下している訳ではなくても、効率的に業務を行うことを重視するあまり、冷たい対応をされることもあるでしょう。

さらに、未経験でも仕事ができる反面、昇進したりスキルを身につけたりはできない傾向にあります。将来生きるスキルや能力を獲得したいという人は、物足りなさを感じてしまうかもしれません。

20代男性
20代男性
給料面も申し分なく、仕事に見合った給料だったのですが、やはり単純作業ばかりで若干飽きる
20代女性
20代女性
冷たくあしらわれる事が多く、メンタルの弱い自分には向いていないと感じた。
10代女性
10代女性
慣れていっても単純作業の繰り返しだったので成長は感じにくかった。

就業までの実際の流れ

ここでは、実際に派遣会社に登録して仕事が始まるまでの流れを紹介していきます。

1.派遣会社登録

2.会社訪問

3.希望条件登録→派遣会社に登録完了

4.求人紹介→応募

5.採用後、職場見学

6.研修や手続き

7.勤務開始

ステップごとに意識したいポイントも解説していくため、実際に働くことをイメージしながら読んでくださいね。

1.派遣会社登録

パソコンをする女性

まずは、自分にあう派遣会社に登録しましょう。このときにポイントとなるのが、1社ではなく2〜3社登録するということです。担当者とのやり取りや複数のサイトをチェックするのが面倒だと思う人も多いかもしれませんが、複数の会社に登録しておくことで、多くの求人を見れます

実際に、時給や福利厚生、担当者との相性など1社のみでは良し悪しがわからないので、気持ちよく新しい仕事をスタートするためにも、多くのサイトを見るのがよいでしょう。

派遣会社の登録方法はこちらの記事で詳しく紹介しています。担当者に好印象を与えられたら、良い求人が舞い込む確率が上がるかもしれませんよ!

派遣会社の登録

派遣会社への登録方法は?|知っておくべき手順や注意点を徹底解説します

2.会社訪問

スーツ姿の女性

派遣会社の登録が済んだら、次は会社訪問です。会社訪問はコロナ禍により、オンライン面接になったり省略されたりしますが、可能であれば会社へ足を運ぶようにしましょう。 というのも、電話やネット上でしかコミュニケーションをとっていなかった人と実際に対面で話すことで、派遣先でトラブルがあったときに相談しやすくなるから。

そのほかにも源泉徴収書や書類を取りに行くときにも、一度訪問しているとやり取りがスムーズになる傾向にあるため、可能であれば訪問しておくとよいでしょう。

40代男性
40代男性
実際に仕事を始める前に派遣会社のスタッフと直接会話すると、インターネットだけではキャッチできない情報もあるので実際に出向くことを勧めます。

3.希望条件登録→派遣会社に登録完了

チェック

派遣会社に訪問したら、その場で希望条件の登録に移ります。ここで大切になるのが、希望条件を細かく伝えておくということです。「子どもが小さいから時短勤務を希望します」と言っても、自分と担当者の間で時短に対する認識が異なると希望求人を紹介してもらえません。

「子どもが小さいので、17時までに就業が終わる、自宅から1時間以内で通える案件を紹介してください」としっかり意思を伝えることが大切です。

また、すべての条件を満たす案件がないこともあるため、希望条件に優先順位をつけることもポイント。絶対譲れないポイントを明確にすることで、気持ちよく働ける場所とマッチできるでしょう。

4.求人紹介→応募

パソコンと履歴書

実際に派遣会社に登録が完了したら、担当者の方が求人を紹介してくれます。求人を紹介してもらえたら、不安に思ったことはしっかり聞いておくことが重要です。

例えば倉庫での勤務の場合は、冷暖房が完備されているか、昼休憩以外に小休憩はあるかなどが気になるポイント。 勤務を開始してからこんなこと知らなかったと後悔しても遅いため、事前に聞けることはしっかり聞いて、納得する案件だけ応募するようにしましょう。

5.採用後、職場見学

検品をする人

勤務を希望する派遣先が決定し、採用された場合は職場を見学します。職場を見学する際に注目したいのが、実際に勤務している人の様子希望した業務内容と一致しているか、従業員さんの顔色が悪くないかなどをしっかり見ておくようにしましょう。

職場見学をして、聞いていた業務内容や職場の雰囲気と全く違った場合は、派遣会社に相談するのがベター。数ヶ月働く場所なので、大きな違和感を抱いた場合は担当者としっかり話し合うようにしましょう。

20代女性
20代女性
疑問点があれば、当日に慌てるより、遠慮なく事前に派遣会社に聞いておくことが大事だと思う。

6.研修や手続き

相談する女性

職場見学が終わったら、研修や手続きに移ります。軽作業の案件は未経験でも行えるものが多いため、研修はないことがほとんどですが、制服の採寸などの手続きが行われます。

勤務前に職場を訪問するのはこの機会が最後となるため、当日の持ち物や職場のルールなど事前に聞いておきたいことがあれば、しっかり質問するようにしましょう。

7.勤務開始

工場で働く女性

手続きが終わったら、勤務がはじまります。最初から完璧に業務を行える人はいないため、不安なことはあれば、質問して少しずつ仕事に慣れていきましょう。 特に最初の1週間は新しいことを覚えたり、職場のルールに慣れたりしなければならないため、メモ帳や筆記用具を持っていくのがおすすめです。

最初はわからないことばかりで疲れが溜まってしまうと思うので、無理をせずに周りに頼って仕事に取り組むようにしましょう。

派遣で軽作業の案件を探すときに意識したい4つのポイント

派遣会社を経由して軽作業の案件を探すときに意識したいポイントは4つです。

1.派遣会社は複数登録

2.譲れないポイントを明確にしておく

3.業務内容をチェックする

4.よい求人にすぐに応募する

1.派遣会社は複数登録

パソコンに向かう女性

まずは、2〜3社の派遣会社に登録するようにしましょう。登録や担当者とのやり取りに多少時間がかかったとしても、複数の派遣会社を利用することで、より自分の希望に近い求人に出会える可能性が格段にアップします。

また、派遣先を紹介してくれる担当者さんとの相性があわなかったときにも、一から新しい派遣会社に登録しないで済むといった利点も。多少手間になってしまっても、複数の派遣会社に登録することで、長期で働ける案件に出会えますよ。

2.譲れないポイントを明確にしておく

子供たちと遊ぶ女性

続いて、譲れないポイントを明確にしておくことも大切です。子どものお迎えがあるから17時までには自宅付近に戻れることや、久しぶりの仕事復帰だから週4以内の勤務数がよいなど、希望条件をはっきりさせておくことがポイントといえます。

ブランクがある主婦を雇ってくれるだけありがたいと思って、条件を伝えずに勤務先を紹介してもらうと、不満を感じながら働くことになりかねません。優先順位をつけながら希望条件をはっきりと担当者に伝えることで、自分にあった案件を探してもらえますよ。

3.業務内容で選ぶのもおすすめ!自分にあうものをチョイス

荷物を運ぶ人

軽作業と一口にくくっても業務内容はさまざまです。自分の性格にあうものを選ぶことで、楽しく働くことができますよ!

50代男性
50代男性
軽作業と言っても、重労働や過酷な現場での作業の場合がある為、軽作業の作業内容が分かれば、事前に知ってから引き受ける方がいいと思います。

検品:商品をチェックする仕事。細かいことによく気づく人におすすめ!

1つ目は、検品の作業です。商品に傷はないか、箱はつぶれていないかといった出荷前のチェックを行います。 の作業は、小さい傷やほかの商品との違いを見つける必要があるため、細かいことに気づく人におすすめです。動き回る必要もないため、同じ作業を黙々と行うことができる人にもぴったりですよ。

ピッキング:商品を倉庫から持ってくる業務。体を動かすのが好きな人向け

2つ目は、ピッキングの業務です。この業務は、大きな倉庫の中にある商品を探して持ってくる作業。 専用の紙に番号が書いてあり、同じ番号が書いてある棚から商品を取ってくる作業になるため、宝探しのような感覚で楽しめるのも大きな利点です。ほかの仕事と比較して倉庫内を動くため、体を動かすのが好きな人におすすめの業務です。

梱包:箱の中に商品を包む業務。器用な人や工作が好きな人にぴったり

3つ目は、ピッキングされた商品を箱や袋の中に包む梱包の作業です。ガムテープを使って包む必要があり、器用な人や工作が好きな人に向いている業務といえます。

また、箱に商品を入れてテープで包むという単純作業になるため、多くのことを覚えるのが苦手という人でも取り組みやすいのも魅力といえるでしょう。

製造ライン作業:部品などを製造する仕事。同じ業務を集中して行いたい人に

4つ目は、部品などを製造するライン作業です。会社によってはシール貼りや機械の清掃を行うこともあり、詳しい業務内容に関しては事前に聞いておくとよいでしょう。 この業務の特徴はライン作業になるため、決まったペースで仕事をする必要があるということ。

ペースを乱してしまうと製造のペースが落ちてしまうため、プレッシャーに弱い人やテキパキ働くのが苦手な人にはあまりおすすめできません。 自分の担当業務が決まっていて同じ作業を繰り返すことが多いため、1つの作業を黙々と行うのが好きな人に向いている業務です。

シール貼り:封筒や商品にラベルをはる仕事。体力に自信がない人にぴったり

最後は、封筒や商品にラベルやシールを貼る業務です。単純作業のため、軽作業初心者でも働きやすく体力に自信がない人にもぴったりな業務といえます。

一方で、内職感がある仕事なので飽きっぽい人にはやや不向き。また、同じ姿勢でずっと仕事をする必要があるため、肩や首へ負担がかかることもあるでしょう。

4.よい求人にはすぐ応募

求人応募

求人を探したり紹介してもらったりしたときに、自分の希望とあうものがあればすぐに応募するようにしましょう。条件のよい求人は人気であることが多いため、思い立ったときに応募しないとすぐに締め切られてしまいます。

あのとき応募しておけばよかったと後悔しないためにも、自分にあう求人だと思ったらすぐに応募するようにしてくださいね!

軽作業をする上で注意すべき5つのポイント

ここでは、実際に軽作業の勤務をする上で注意したいポイントを5つ紹介していきます。

1.単純作業になるということ

2.わからなかったら質問することが大切

3.倉庫内の服装に気をつけよう

4.周囲に同じような工場が多いため、少し早めに着くように心がける

5.重たいものを扱う可能性もあるということ

1.単純作業のため飽きっぽい人にはやや不向き

商品を選ぶ人

1つ目は単純作業になるため、業務に飽きてしまう可能性があるということです。とくに、シール貼りやライン作業は同じ業務を8時間行うことがあり、同じ場所で同じことをやり続ける必要があるため、ストレスを感じてしまう人もいるでしょう。

軽作業に挑戦したいけど、同じ作業をやり続けるのが不安という人は、多くの商品を扱う会社やさまざまな業務を交代で行える会社を選ぶのがおすすめです。1日の中でも午前中は品出し、午後からピッキングなど異なる業務ができる事業所もあるため、派遣会社の担当者に相談してみるとよいでしょう。

20代女性
20代女性
1つの事を淡々と続ける業務が多いので、コツコツ1つの作業をする事が好きな人の方が向いてると思います。

2.わからなかったら聞くということを大切にしよう

工場で相談する女性

2つ目は、わからなかったら聞くことが大切です。どの派遣先でもいえることですが、とくに軽作業の業務は説明されてからすぐに作業に移ることが多い傾向にあります。誰かがつきっきりで教えてくれるといったことはなく、ほかの社員さんと同じように業務をしなければなりません。 そのためわからなかったことを質問せずに業務を進めると、すべての作業がやり直しになってしまったり、作業の流れが止まってしまったりしてしまいます。

こうした事態を防ぐためにも、不明点があったらその場で聞くことが大切です。覚えるのが苦手な人は、メモ帳と筆記用具を持参し、説明してもらう際にメモをするのがベター。社員さんが忙しそうだから質問できないと遠慮するのではなく、困ったら相談することを意識することがポイントといえます。

40代女性
40代女性
梱包だったので単純作業だと思っていたが、覚えることも多かった。初日の1時間足らずで梱包の仕方や作業場、施設の決まり事など一度に説明を受けたので戸惑う場面が多々あった。周りを見ながら見よう見まねでやるしかなかった。

3.オフィス勤務ではなく工場勤務の場合は、夏は暑くて冬は寒い。倉庫内での服装に気をつけよう

作業服の人

とくに工場や倉庫での勤務の場合は、服装に注意しましょう。商品の品質を保つためにも、冷暖房がついていない勤務先が多く、夏は暑くて冬は寒い傾向にあります。

そのため服装に気をつけたり、適宜水分補給したりしないと体調を崩してしまうことも。夏場は大量に汗をかく可能性があるため、替えの下着などをもっていくのもおすすめです。

40代女性
40代女性
クール室での作業はお給料はいいですが本当に寒いので、寒さに弱い方にはお勧めできません。また、夏は特にクール室と屋外の温度差がありすぎで、体調を崩すことがあるので、それは知っておいたほうがいいと思います。

4.周りには同じような工場が多い!勤務前に一度事業所へ足を運んでみよう

工場

工場や倉庫などは、基本的に郊外に多い傾向にあります。そのため周りに同じような工場があり、初日は迷子になってしまう可能性があるのです。こうした事態を防ぐためにも、勤務前に一度事業所へのアクセスを確認しておくのがベター。

また、バスや電車で出勤する場合は、可能であれば通勤時間と同じ時間帯に訪問しておくのがおすすめです。通勤時間の混み具合も把握できるため、どのくらい余裕をもって出勤すればよいかを考えられるでしょう。可能な限り不安な要素をなくすことで、出勤への緊張を減らすことができますよ。

20代女性
20代女性
軽作業の工場がある場所は、周りにもいろんな工場があるため迷うことが私の経験からすると多い。なので、集合時間よりも早めに着いといたほうがいい。

5.どのくらいの重さのものを扱うかをチェックしておこう

荷物を運ぶ人

軽作業という案件で募集していたとしても、15〜20kgのものを運ぶこともあります。条件がよい職場であったとしても、体力に自信がない人がこうした重労働を続けてしまうとストレスになりかねません。

こうした事態を防ぐためにも、勤務前にどのくらいの重さのものを扱うかを聞くようにしましょう。

20代女性
20代女性
女性だと特に軽作業と書かれていてもどのくらいの重さのものを持つのか、重いものを持つことがあってもどのくらいの頻度で持つのかがわかると仕事も選びやすいと思いました。

派遣の軽作業に関するQ&A

Q&A

派遣の軽作業でよく聞く噂は以下の6つです。

よくあるQ&A

    実際に働いたことのある人の意見も交えて回答しているので、派遣の軽作業現場で働く前にチェックしておきましょう!

    時間が経つのが遅いと聞くけど、実際はどうなの?

    軽作業は、同じ業務を担当することが多いため、飽きっぽい人やせっかちな人は、時間の流れがゆっくりに感じるかもしれません。特にほかの工程でトラブルが出た場合はなかなか作業が進まないこともあるため、苦痛に感じる人もいるでしょう。

    また、私語厳禁の職場もあり、人と話さずに同じ作業を繰り返すため、時間の経過がゆっくりに感じてしまうこともあります。同じ作業を繰り返すのが苦手な人は、昼休憩以外に小休憩を設けてる会社や、いろいろな業務を行える勤務先で働くのがおすすめといえるでしょう。

    20代男性
    20代男性
    8時間ひたすら同じ作業を繰り返すのが辛かった
    10代男性
    10代男性
    楽なのは楽だがただ暇な時間が多すぎる時があって、携帯はいじれないので大変。

    未経験だけど働ける?

    軽作業での勤務の大きなメリットが、未経験でも働ける案件が多い点です。単純作業になるため、初心者でも働きやすい業務といえます。

    一方で、フォークリフトなどの資格をもっていると仕事の幅が広がる傾向にあるでしょう。派遣会社によっては資格取得のサポートをしてくれるところもあるため、資格をとってスキルアップを目指したいという人は福利厚生でキャリアサポートをしてくれる会社を選ぶのがおすすめです。

    40代女性
    40代女性
    資格や経験を必要としないので、未経験でもすぐに仕事に馴染む事ができました。
    20代男性
    20代男性
    単純作業が多いので未経験者でもすぐに仕事に取り掛かることができる。

    遠方での勤務が多いって本当?

    軽作業の業務を行う場所は、基本的には倉庫や工場です。そのため、都心とは離れた郊外での勤務が多い傾向にあります。

    ここで注意したいのが、工場がある場所にはたくさんの工場や倉庫があるということです。自分の勤務先以外にも同じような建物が多くあるため、迷ってしまった場合遅刻してしまうことも。

    そうした事態を防ぐためにも、勤務が始まる前に一度事業所を訪問しておくのがベター。勤務の初日は予期せぬトラブルがあるかもしれないため、10分くらい早めにつく電車やバスで行くと安心でしょう。

    40代女性
    40代女性
    遠いところばかり紹介されるので行けないことが多い
    30代男性
    30代男性
    派遣先が遠く出勤に一時間以上かかってしまった

    働く前に何か準備しておく必要はある?

    段ボールを運んだり、カッターを扱ったりすることもあるため、軍手があると便利です。また、最初は覚えることも多いため、筆記用具やメモ帳を持参するとよいでしょう。

    プラスで持っておくとよいのが、ゴミ袋とウェットティッシュ。勤務先によってはゴミ箱がない会社や机が共有で汚れているところもあるため、これらのアイテムを持っておくことで衛生面でも安心して働くことができるでしょう。

    30代女性
    30代女性
    作業にあたって必要なものの貸出があるのかなど、事前に確認するとよい
    20代女性
    20代女性
    洋服は指定があったりするし、軍手など必要なものがあったりすることもある。

    時給はいい?

    勤務先によってまちまちで、1,000円〜2,000円が相場といえます。ただしここで気をつけたいのが、交通費が時給に含まれるかということです。遠方での勤務になったにも関わらず、交通費が支給されないと手取りは大幅に減ってしまいます。

    時給に目を惑わされずに、手取りがどのくらいになるのかに注目して案件を探すとよいでしょう。

    20代女性
    20代女性
    直接雇用のパートの人より時給も良く、休みにも厳しくないのでとても働きやすい。
    10代女性
    10代女性
    交通費が一律支給だったので、遠い現場の時に短時間だけだと稼げなかった。

    お昼ご飯は外に食べに行ける?

    勤務場所によって異なりますが、昼食は持参するのがおすすめです。軽作業を行う勤務先は工場や倉庫が多く、周りにコンビニや飲食店がないことが多い傾向にあります。

    また、場合によってはセキュリティーの観点でお昼休憩時に工場から出ることを禁止している勤務先もあります。こうしたこともあるため、外に食べに行くというよりは買ってきたものを食べるイメージを持っておくとよいでしょう。

    30代女性
    30代女性
    派遣先の近くにコンビニやスーパーなどがないときがあって、お昼ごはんが食べれないときが一度だけありました。次からは、お弁当持参で向かうようにしました。

    まとめ

    軽作業を扱っている派遣会社は多くありますが、日雇いの案件が多いところや、資格補助のサポートがあるところなど、特徴はさまざまです。 また軽作業と一口に言っても、検品やピッキングなど多くの業務があるため、自分に合った業務を選ぶことが大切。

    気持ちよく長期的に働ける勤務先を見つけるためには、派遣会社の担当者に自分の希望を細かく伝えることが重要です。勤務先は自分の多くの時間を過ごす場所となるため、時短勤務や駅近など譲れない条件を明確にして仕事を選んでくださいね!

    Writer執筆者
    ELABEL編集部のプロフィール画像
    ELABEL編集部

    ELABEL編集部

    「選ぶをもっと楽しく」をコンセプトに、専門家・愛好家・体験者の方にご協力頂きながら、買い物やサービス選びに悩む方たちをサポートします。一人ひとりにフィットした情報に届け、皆さんの「したい」を叶えます。

    関連記事

    【2022最新】派遣会社おすすめランキング!523名の口コミから評判・評価を徹底比較
    転職 | 2021.5.31

    【2022最新】派遣会社おすすめランキング!523名の口コミから評判・評価を徹底比較

    河瀬信幸のプロフィール画像
    元派遣会社の営業マン 河瀬信幸
    派遣社員328名が選ぶ!30代におすすめの派遣会社ランキング15選
    転職 | 2022.3.29

    派遣社員328名が選ぶ!30代におすすめの派遣会社ランキング15選

    ELABEL編集部のプロフィール画像
    ELABEL編集部 ELABEL編集部
    派遣会社のワーストランキング10選|絶対ブラック派遣に引っかりたくない人必見
    転職 | 2022.3.29

    派遣会社のワーストランキング10選|絶対ブラック派遣に引っかりたくない人必見

    ELABEL編集部のプロフィール画像
    ELABEL編集部 ELABEL編集部
    【経験者が教える】名古屋のおすすめの派遣会社12選|主婦向けや短期・単発求人が多いランキングも
    転職 | 2022.6.30

    【経験者が教える】名古屋のおすすめの派遣会社12選|主婦向けや短期・単発求人が多いランキングも

    ELABEL編集部のプロフィール画像
    ELABEL編集部 ELABEL編集部
    派遣社員の年収は本当に330万円?高年収が狙える職種や年収を上げる方法も
    転職 | 2022.6.30

    派遣社員の年収は本当に330万円?高年収が狙える職種や年収を上げる方法も

    ELABEL編集部のプロフィール画像
    ELABEL編集部 ELABEL編集部
    【経験者に聞く】薬剤師におすすめの派遣会社ランキング14選|平均時給も大調査
    転職 | 2022.6.29

    【経験者に聞く】薬剤師におすすめの派遣会社ランキング14選|平均時給も大調査

    ELABEL編集部のプロフィール画像
    ELABEL編集部 ELABEL編集部