【経験者が教える】保育士におすすめの派遣会社15選|高時給や求人が多いランキングも - エラベル
ライター・専門家
【経験者が教える】保育士におすすめの派遣会社15選|高時給や求人が多いランキングも

【経験者が教える】保育士におすすめの派遣会社15選|高時給や求人が多いランキングも

「派遣保育士として働きたいけど、どこの派遣会社に登録したらいいのかわからない…」という方のために、派遣保育士におすすめの派遣会社ランキングを紹介します!実際に派遣保育士として働いている人にアンケートをとり、ブランクがある人におすすめ、高時給、求人数が多いといった目的別のランキングを作成しました。

経験者が語る派遣保育士のメリットやデメリット、向いている人の特徴も紹介します。登録に迷っている方はもちろん、保育士としての働き方を見つめ直したい人にも役に立つこと間違いなしです!

保育士におすすめの派遣会社の選び方

保育士

保育士として派遣会社を選ぶためには、以下の3つのポイントを抑えておく必要があります。

  1.  保育士に特化した派遣会社を選ぶ
  2. フォロー体制が整っているかで選ぶ
  3. 口コミや評判を参考に実績のある派遣会社を選ぶ

以上の点をしっかりと頭に入れ、自分に合った派遣会社を見つけましょう!

1. 保育士に特化した派遣会社を選ぶ

特別なこと

まずは、「保育士特化」と記載しているなど、保育士に特化した派遣会社かを見極めましょう。保育士に特化した派遣会社は、専門コーディネーターがいるので、自分の希望に合った保育園が見つかりやすい傾向にあります。加えて保育士についての知識が備わっており、わからないことや専門的な質問にも対応してくれるため、安心して仕事を探すことが可能です。

保育士に特化した派遣会社の一つに、「ヒトシア保育」があります。ヒトシア保育は求人数4万件と業界トップクラスを誇り、専任のコーディネーターもついています。カウンセリングから就業に至るまでイチからサポートしてくれるため、「派遣で働くのが不安…」という方でも安心して仕事探しができるでしょう。

ほかにも保育士・幼稚園教諭のみの全国求人を掲載していたり、保育士として安心して働くための事前研修があったりなど、会社によって様々なサービスを展開しているのが保育士に特化した派遣会社の特徴です。

2. フォロー体制が整っているかで選ぶ

手助けをする

入社後もフォローしてくれるのかという点は大切なポイントです。面接対策をきちんとしてくれるか、また入社後にはどのような制度があるのかを調べておきましょう。

例えば、仕事が始まって不安なことや悩みごとがあったとき、自分で抱えていてはストレスに繋がってしまいますよね。仕事を長く続けるためにも、親身になってサポートしてくれるかしっかり確認しておきましょう。

また、会社の福利厚生も確認しておくべきポイントです。会社によっては前払い制度があったり、ラインで身近に相談できたりするところもあります。「その会社で安心して働くことができるか」と、よく考えることが大切です。

3. 口コミや評判を参考に実績がある会社を選ぶ

良い口コミ・評判

ネットなどで会社の口コミや評判もよく確認しておきましょう。中でも見ておくべき点は、取引数の数です。たくさん取引のある会社だと、保育園との信頼関係が構築されるため、働きかたの融通が利くこともあります。

特に大手派遣会社だと取引数が多い分、数々の実績があるでしょう。今回エラベルでは口コミをもとにランキングを作成しているので、そちらもぜひ参考にしてくださいね!

また、派遣事業許可番号」があるかどうかも確認しておきましょう。派遣事業許可番号とは、厚生労働大臣が派遣事業者として認めたときに付与されるものです。信頼がある証拠ともいえるので、安心して働けるポイントでもあります。会社によっては取得していないところもあるので、事前にチェックしておきましょう。

【目的別】保育士におすすめの派遣会社ランキング15選

派遣保育士15名にアンケートを実施した結果わかった、保育士におすすめの派遣会社ランキング15選を紹介します!「求人数の多さ」「サポート体制の充実さ」「待遇」などの基準で、目的別に以下のランキングを作成しました。

  • おすすめの保育士向け派遣会社ランキング
  • 求人数が多いおすすめの保育士向け派遣会社ランキング
  • 高時給なおすすめの保育士向け派遣会社ランキング
  • フォロー体制が整っているおすすめの保育士向け派遣会社ランキング
  • 未経験・ブランクがある人におすすめの保育士向け派遣会社ランキング

ぜひ派遣会社を決める参考にしてみてくださいね。

各ランキングの評価基準

【おすすめの保育士向け派遣会社ランキング】
・アンケート回答者による5段階評価で判断
・各サイトの口コミ評価

【求人数が多いおすすめの保育士向け派遣会社ランキング】
・アンケート回答者による求人の多さを5段階評価で判断
・それぞれの派遣会社で求人数を比較で判断

【高時給なおすすめの保育士向け派遣会社ランキング】
・アンケート回答者による時給満足度による5段階評価で判断
・派遣会社の求人サイトでの時給の高さで判断

【フォロー体制が整っているおすすめの保育士向け派遣会社ランキング】
・アンケート回答者によるフォロー体制の評価で判断

【未経験・ブランクがある人におすすめの保育士向け派遣会社ランキング】
・アンケートの未経験(ブランク)がある人の働きやすさの評価で判断
・それぞれの派遣会社のフォロー体制で判断

"{{ sortLabel }}" おすすめ保育士向け派遣会社
商品画像 サービス名 口コミ満足度 対応地域 求人数 最高時給 制度

{{ item.order }}

{{ getOmittedText(item.company, 10) }}
{{ getOmittedText(item.product, 17) }} {{ getOmittedText(item.product, 17) }}
{{ item.reviewAverage.toFixed(2) }}
口コミ({{ item.reviewCount }}件)
{{ moreTable ? 'ー 閉じる' : '+ ランキングを全て見る' }}

No.{{ item.order }}
{{ item.subTitle }}

{{ item.product }}

{{ item.company }}
口コミ満足度 {{ item.reviewAverage.toFixed(2) }}
口コミ({{ item.reviewCount }}件)
{{ item.img[0].citeText }} {{ item.img[0].citeText }}
{{ item.img[1].citeText }} {{ item.img[1].citeText }}
{{ slide.citeText }} {{ slide.citeText }}

{{ item.product }}

{{ item.company }}
口コミ満足度 {{ item.reviewAverage.toFixed(2) }}
口コミ({{ item.reviewCount }}件)
{{ priceLabel }} {{ getLowestPrice(item) !== -1 ? Number(getLowestPrice(item)).toLocaleString() : Number(item.price).toLocaleString() }}

{{ item.recommend }}

口コミ

{{ comment.age }}{{ comment.profile1 ? '|' + comment.profile1 : '' }}{{ comment.profile2 ? '|' + comment.profile2 : '' }}

総合評価 {{ comment.rank.toFixed(1) }}
  • {{ comment.label1 }}:{{ comment.point1 }}
  • {{ comment.label2 }}:{{ comment.point2 }}
  • {{ comment.label3 }}:{{ comment.point3 }}
  • {{ comment.label4 }}:{{ comment.point4 }}
  • {{ comment.label5 }}:{{ comment.point5 }}
  • {{ comment.label6 }}:{{ comment.point6 }}
  • {{ comment.label7 }}:{{ comment.point7 }}
  • {{ comment.label8 }}:{{ comment.point8 }}

{{ comment.title1 }}

{{ comment.title2 }}

{{ comment.title3 }}

{

→口コミを全て見る
{{ moreTable ? 'ー 閉じる' : '+ 10位以降の商品を見る' }}

【経験者に聞く!】派遣保育士のメリット

良い、メリット|「GOOD」「BAD」と書かれた積み木

派遣保育士の15名に、派遣保育士のメリットを聞いた結果、「残業がない」「高時給」「責任が軽い」の3つの声が多くあがりました。経験者のリアルな声を紹介します!

なお、今回アンケートに回答してもらった派遣保育士15名のうち、男性は1名、女性は14名と、女性回答者が大半を占める結果となりました。

厚生労働省の保育士登録者数等(男女別)によると、女性の保育士の登録割合が多いこという結果も出ています。しかしそれだけではなく、「子育てと両立しやすい」「ブランクがあっても安心して働ける」といった点など、派遣保育士は女性にとって働きやすい環境が整っているのも女性回答者が多かった理由の一つと言えるでしょう。

残業がないため家庭との両立がしやすい

子育て

残業の有無は、プライベートとの両立を図るのに欠かせない条件。子育てをしている方は、子どもの送り迎えなど時間に左右されることが多いので、残業がないのは嬉しいですよね。また、身体を壊さず無理のない範囲で働けるのもメリットだと言えます。

女性20代後半
女性20代後半
残業をしても残業代が支給されず、また残業代を出すことに抵抗を示されました。ですが、家庭があるので残業がないのは助かります。
女性30代前半
女性30代前半
子育て中で残業はほとんどできないので、助かっています。
女性20代後半
女性20代後半
“業務内容は他の保育士と変わらないですが、残業や持ち帰りの仕事がありません。そういった点は派遣保育士のメリットです。
男性20代後半
男性20代後半
正社員の保育士として働いていましたが、残業が原因で体を壊してしまいました。残業がない環境で働きたかかったので、派遣保育士は自分に合った環境だと思います。

時給がいいため稼げる

節約してお金が貯まった貯金箱

派遣保育士は正社員はパートやアルバイトと違って、高時給で働くことができます。中には時給2,000円とかなり高単価な求人もあるようです。

女性30代後半
女性30代後半
同じ時間働くなら高時給がいいと思うので、派遣保育士は稼げると思います。
女性20代後半
女性20代後半
県の保育士復職支援を使って派遣業務を行っていたので、給料が安定していました。
女性20代後半
女性20代後半
どの求人も時給が高く、貯金ができました。

責任が軽いため自分の仕事に向き合える

保育士と子供

正社員だとは子どもの面倒を見るだけでなく、保護者の対応や事務作業など幅広い仕事が任されます。一方、派遣保育士は子どもと接する仕事がほとんど。担任のフォローに回ることが多いので、責任の重い仕事はあまり任されないのもメリットの一つです!

女性40代後半
女性40代後半
保育士は責任の大きな仕事ですが、派遣だと責任を持つことがないので気楽に働けます。
女性20代前半
女性20代前半
保育士は保護者の対応など頭を悩ませる仕事も多数。派遣保育士はそういった問題に触れることがありません。
女性50代前半
女性50代前半
正社員だと休んだ人のフォローをすることがありますが、派遣だとありません。自分の仕事に向き合える点がメリットだと思います。

「人間関係が楽」「シフトの融通が効く」という意見も

他には、「人間関係が楽」「シフトの融通が利きやすい」などをメリットとしてあげる意見もありました。自分の働きやすい方法で楽しく働けるというのも派遣保育士の特権ですね!

女性20代前半
女性20代前半
就職活動が楽です。また、シフトを交渉してもらえるので自分のペースで働きやすいです。
女性40代前半
女性40代前半
期限が限定されているので、人間関係の負担は少ないです。

【経験者に聞く!】派遣保育士のデメリット

悪い、デメリット|「BAD」「GOOD」と書かれた積み木

時給や働きやすさに魅力のある派遣保育士ですが、アンケートでは以下のデメリットも寄せられました。

派遣保育士として働くことを考えている方はメリットだけでなく、デメリットもしっかり頭に入れておきましょう。

安定雇用ではないので腰を据えて働けない

退職を考える女性

3年以上同じ職場や部署で働けない、派遣という雇用形態。長期で安定して働くことができないため、契約切りの不安を感じながら働いている人が多いようです。なにかと派遣よりも正社員が優先されるケースが多いため、長く同じ職場で働きたい方にも不向きな働き方です。

女性40代前半
女性40代前半
次の仕事がすぐに見つからないかもしれないという不安はあります。
女性20代前半
女性20代前半
人材が充足したら派遣社員は契約を切られる可能性も。
女性40代後半
女性40代後半
働いている保育園が気に入っても、長期雇用は難しい。そういった点は安定していないと思います。
男性20代後半
男性20代後半
派遣契約はいつ契約が切れてもおかしくない状態。不安を感じながら働くことはデメリットに感じます。
女性30代前半
女性30代前半
派遣期間が限られていることと、賞与がないので年収ベースは上がりません。収入面を見ると安定しているとは言えないです。

キャリアアップが難しいため成長できない

保育士向いていない

メリットでは責任が少ないという声もありましたが、その分任される仕事は少ないもの。簡単な仕事が多いため、保育士としての経験はあまり積めないでしょう。

また派遣会社が雇用主のため、評価も基本はありません。「もっとこんなことがしたい」という意見はなかなか通りづらい環境です。

女性20代後半
女性20代後半
同じ園で派遣として長期で働くことはできないため、なかなかキャリアアップができない。
女性50代前半
女性50代前半
正社員だと役職がつけば給料は上がるが、派遣では昇給がないため給料は上がりません。
女性20代後半
女性20代後半
ボーナスや昇給がないので、頑張りが認められない。

人間関係が良くないのでストレスを感じやすい

悩む保育士

正社員やアルバイト・パートに比べて、派遣社員は立場的に弱いもの。園に直接雇用されているかいないかで、人間関係に壁を感じることもあるようです。派遣保育士として働きやすい環境をつくるためには、周囲とのコミュニケーションも重要な要素です。

女性20代後半
女性20代後半
正社員保育士との壁や疎外感を感じて、多少仕事がやりづらい。
女性30代前半)
女性30代前半)
長く勤めたくない人ばかりで人間関係が浅く、ギクシャクした環境が多いみたいです。
女性20代後半
女性20代後半
園に直接雇ってもらっているわけではないので、先生たちからの信用がとりにくい。派遣という立場上、何かあったときの連絡がうまく伝わらず大変でした。

「保育園の環境に問題がある」「勤務地の融通が利かない」という意見も

ほかにも「保育園の環境に問題がある」「勤務地の融通が利かない」というデメリットを挙げる声も。派遣保育士として働く以上、多少の我慢は必要かもしれません。それでも不安な点などがあったら、派遣会社に相談しましょう。

女性30代後半
女性30代後半
だいたい人手の足りないところへ派遣されるケースが多いので、待遇や人間関係など園になにか問題がある場合が多いです。
女性20代前半)
女性20代前半)
勤務地に偏りがあるので、家から遠い場所まで行かないといけないことがあります。

派遣保育士として働くのにおすすめな人の特徴

保育士

派遣保育士に向いているのは、子育てと両立して働きたい方や、経験が浅い方です。フォロー体制や働き方は主婦・主夫にとってはメリットとなることが多いでしょう。

以下より理由を詳しく解説しています。

家事や育児と両立して働きたい人

家事育児両立

派遣保育士は業務内容や時間が決まっているため、プライベートの予定も立てやすいのが魅力です。

残業はほとんどなく、子どもの迎えにも時間通りに間に合うので、家事や育児の両立がしやすいのも特徴です。「出産を機に仕事を辞めたけど、子育ても落ち着いたしそろそろ働きたい!」という方に、派遣保育士はぴったりの働き方です。

ブランクがある人

 

ブランクがある人は、「以前のように仕事ができるか不安…」という悩が少なからずあるでしょう。

遣保育士は正社員よりも仕事量が少ないため、ブランクがあっても働きやすいのが特徴です。いきなり難しい仕事から始めることはほとんどないため、自分のペースで働きながら仕事に慣れていけるのが派遣保育士なんです!

ブランクがある人向けに事前研修を用意している会社もあるので、今回のランキングを参考に自分の働き方にマッチした派遣会社を見つけてみてくださいね!

いろいろな環境で働きたい人

保育園授業風景

子どもの接し方や保育園の方針など、環境の違いによる様々な経験を積むことができるのが派遣保育士です。派遣保育士は、3年という期間が満了になると別の職場で働くことがほとんど。必然的にいろいろな保育園を経験できるため、保育園の特色や違いに気づくことができるでしょう。

また、職場が合わないなど、派遣会社に今の環境を伝えれば職場を変えてもらうことも可能です。1つの保育園に縛られることがないので、心理的負担も少なくなるでしょう。

子どもと多く接したい人

子供達

派遣保育士の仕事は、正社員保育士の補助が中心です。場合によっては担任を任されることもありますが、アルバイトやパートと同じ仕事内容がほとんど。したがって事務作業などはなく、子どもと接する機会が多くなるのが派遣保育士でもあります。

派遣保育士という働き方は、「正社員の保育士で働いていたけど、事務作業が多かった」「もっと子どもと接して自分らしい保育士でありたい」という方にもおすすめですよ。

派遣会社で働くまでの流れ

派遣会社で働くためには、下記の流れで手続きが必要です。

  1. WEBで登録
  2. 派遣説明会に参加する
  3. 求人を紹介してもらう
  4. 社内選考
  5. 職場見学・打ち合わせ
  6. 就業開始

具体的に説明します。

WEBで登録

パソコンと履歴書

気になった会社があったら、WEBで登録します。登録の仕方は2パターンあり、HPから直接登録する方法とWEBで仮登録し、登録会にて本登録する方法があります。派遣会社によって異なるため、よく確認しておきましょう。

派遣登録説明会に参加する

派遣登録会

次に、派遣登録説明会に参加します。そこでは派遣保育士の仕組みや自分のプロフィール登録など、働く前の一歩となる活動を行います。また、担当者との面談もあるため、自分がどんな職場でどんなか働き方がしたいか、事前に用意しておくと話がスムーズに進むでしょう。

求人を紹介してもらう

派遣登録会での面談

自分の希望にあった求人があれば、専門コーディネーターが紹介してくれます。求人が出たタイミングで教えてくれるので、メールや電話などの連絡は必ずチェックしておきましょう。

場合によっては、少し自分の希望と違った求人もあるかもしれません。その場合でも、求人には目を通すことをおすすめします。「自分の希望とは離れているけど、こんな働き方もできるかも」と自分の可能性が広がるかもしれませんよ。

社内選考

保育士たちと子供

双方の意見が合致したからと言って、いきなりすぐに働くわけではありません。保育園側が求めている人材であるか。人柄は良いかなど、もう一度社内で確認する作業があります。

求人の条件を満たしていない場合は、社内選考で落ちる可能性もあります。事前に求人をよく確認し、自分はスキルや条件を満たしているか確認しておいたほうがいいでしょう。

職場見学・打ち合わせ

保育園

社内選考が通過したら、担当者との顔合わせも兼ねて職場見学に行きます。自分の働く姿をイメージし、頭の中で準備しておくことができます。もしも気になったことや疑問に思ったことがあれば、その場で聞いておきましょう。聞かずにいると、職場とのミスマッチの原因になる可能性があります。

就業開始

保育士

入社日が確定し、特に問題がなければいよいよ業務がスタートします。最初は緊張するかもしれませんが、早く仕事に慣れるためにも積極的にチャレンジしていきましょう!

【ブランクがある方必見】再び保育士として働くうえで役に立つこと

アンケートで実際に派遣保育士として働く方に、再度保育士として働く上で役に立ったこと、またしておいたほうがいいことも聞いてみました!

これから保育士として働こうと考えている方、ブランクが気になる方は、ぜひチェックしてみてください!

本やネットなどで常に新しい情報を取り入れる

求人情報

時代が変わるとともに、子どもの流行りや好みも徐々に変わっていきます。「働いていた時にみんなが好きだったあの歌をもう一度…!」なんて思っていると、古いと感じられたり、子どもが付いてこなくなる可能性も。そうならないために、常にアンテナを張って情報をリサーチしておきましょう!

女性40代前半
女性40代前半
求められる役割によって違うこともあるので、もう一度本を読んでおいたほうがいいです!
女性40代後半
女性40代後半
保育の仕方が少しずつ変わっているので、新しい情報を常にリサーチしておいたほうがいいと思います。
女性20代後半)
女性20代後半)
参考書や保育に関して自分が大切だと思った本を読んでおくといいかもしれません。
女性20代前半
女性20代前半
子どもたちを引き付ける引き出しは持っておいたほうがいい。
女性30代前半
女性30代前半
楽譜練習や手遊び歌の習得、保育園で使えそうなものを作っていました。また、発達障害の子どもに向けた知識も身につけていました。働く前に何かしら準備しておいたほうが、スムーズに職場に戻れると思います!

派遣会社や職場について知っておく

保育園

自分にはどんな働き方が合っているのか、また派遣会社がどんなサポートを行っているのかしっかり理解しておいたほうがいいでしょう。一度登録したら、後戻りは難しいもの。時間があるうちに派遣会社を細かく調べて、自分に合った派遣会社を探しましょう。

女性20代後半)
女性20代後半)
いろいろな派遣会社の口コミを調べておくこと。また、子どもたちの中で流行っている歌が変わることがあるので、教育テレビなどでチェックしておいたほうがいいでしょう。
男性20代後半
男性20代後半
多くの求人サイトがあるので、自分にあったものを見つけておく。
女性20代前半
女性20代前半
派遣を辞めた人に、派遣の不満点を聞いておくこと。その不満を次に活かせると思います。
女性20代後半
女性20代後半
職場の雰囲気やスタッフを自分で確認しておいたほうがいい。

資格を取る/様々な経験を積んでおく

これまでの経験も仕事に活かせるかもしれません。資格を活かしてできることはどんどん行い、積極的に挑戦してみましょう。できることが増えれば仕事も楽しくなりやりがいも感じられるでしょう。

女性30代後半)
女性30代後半)
現場は経験が命なので、経験できることはすべてしておいたほうがいいですよ!
女性30代前半
女性30代前半
看護免許の取得は現場で役に立ちました!

役立つ資格はこちらの記事で紹介しているので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

手に職つけるおすすめ資格8選

手に職をつけるためのおすすめ資格8選|職に困らないこれからの時代に役立つ資格とは?

派遣保育士についてのQ&A

Q&A

「わからないこともあるけど、誰に聞いたらいいのかわからない…」そんな方のために、派遣保育士のQ&Aを下記にまとめました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

よくあるQ&A

    どんな仕事が多い?

    事務作業は少なく、子どもと接する仕事が中心です。担任の補助が多いため、食事や着替え、おやつなどのお手伝いをしてスムーズに進められるようにします。

    また、持ち帰りの作業や残業はほとんどありません。残業がある場合には保育園から派遣会社に連絡がいき、派遣会社から残業代が支払われます。

    ボーナスってあるの?

    派遣保育士は基本的にボーナスがありません。中には寸志程度で支給するところもあります。

    派遣保育士は時給が高いことから、ボーナスの分も時給に組み込まれていると考えていいでしょう。年収は正社員よりも下がってしまうので、その点は頭に入れておいてくださいね。

    社会保険は適用される?

    勤務日数と勤務時間によって加入する必要があります。以下の条件に該当する場合は社会保険の加入が必須になります。

    • 1週間の所定労働時間が20時間以上
    • 賃金が月額8万8000円以上
    • 勤務期間が1年以上

    扶養内勤務を考えている場合は、扶養から外れてしまうケースも考えられます。事前に派遣会社に確認しておきましょう。

    派遣保育士って正社員よりも稼げる?

    正社員の平均月給は約22万円。月給を日数(22日勤務)で割ると、月給22万円÷22日=日給1万円。したがって正社員だと日給1万円÷8時間勤務=時給1,250円です。

    一方派遣保育士の平均時給は1,200円~1,800円程度。若干派遣の方が高いと言えます。ただ、先ほど述べたように派遣保育士はボーナスの支給がなかったり、昇給が少なかったりするので、正社員よりも稼げるとは言い切れません。

    派遣会社に複数登録したほうがいいって聞くけどなんで?

    複数登録していれば、自分の希望に合う求人に出会う確率はグッと上がります。自分が検討しているものとの比較もしやすくなるので、より希望通りの求人を探せるでしょう。

    また、それぞれの会社で選考を同時進行していれば、不採用となったときの対処にもなります。「仕事に早く就きたい」「自分の希望通りのところで働きたい」そう考えている人は複数社登録することをおすすめします。

    正社員・パート・派遣社員の違いって?

    一概に保育士といっても、雇用形態によって以下のような違いがあります。

    正社員

    • 雇用主…保育園を運営している会社
    • 契約期間…なし(無期雇用)
    • 給与…固定給

    正社員は雇用や収入が安定しているため、腰を据えて働くことができます。また、多岐にわたり仕事を任されるので、やりがいにも繋がります。

    パート

    • 雇用主…保育園を運営している会社
    • 契約期間…あり(有期雇用)
    • 給与…時間制

    パートの保育士はシフトや時間などを自由に決めることができるのがメリット。働き方に融通が利くので、スキマ時間で働きたい方におすすめです。

    派遣社員

    • 雇用主…派遣会社
    • 契約期間…あり(有期雇用)
    • 給与…時給制

    パートと大きく違うところは、雇用主が派遣会社であること。派遣会社の規程に沿うため、待遇や時給が異なることがあります。ただ正社員と違って働き方は柔軟なので、子育てと両立したい人におすすめです。

    派遣保育士として働く人も多い!?

    「保育士等に関する資料」によると、全体の約33%が派遣社員やパートとして働いていることがわかりました。正社員の保育士の残業や休日を考えると、柔軟な働き方を求める人が増えているのかもしれません。

    まとめ

    派遣保育士は、働き方やサポート体制の面から考えると、子育て終わりの人やブランクのある人におすすめの働き方です。

    自分に合った派遣会社を選ぶためには、フォロー体制や待遇などその派遣会社にどんな特徴があるのか事前に調べておくことが大切です。この記事を参考に、あなたにぴったりの派遣会社を見つけてくださいね。

    Writer執筆者
    ELABEL編集部のプロフィール画像
    ELABEL編集部

    ELABEL編集部

    「選ぶをもっと楽しく」をコンセプトに、専門家・愛好家・体験者の方にご協力頂きながら、買い物やサービス選びに悩む方たちをサポートします。一人ひとりにフィットした情報に届け、皆さんの「したい」を叶えます。

    関連記事

    【2022最新】派遣会社おすすめランキング!523名の口コミから評判・評価を徹底比較
    転職 | 2021.5.31

    【2022最新】派遣会社おすすめランキング!523名の口コミから評判・評価を徹底比較

    河瀬信幸のプロフィール画像
    元派遣会社の営業マン 河瀬信幸
    保育士におすすめの転職サイト・エージェントランキング13選|利用者の評判&選び方で徹底比較
    転職 | 2022.2.18

    保育士におすすめの転職サイト・エージェントランキング13選|利用者の評判&選び方で徹底比較

    ELABEL編集部のプロフィール画像
    ELABEL編集部 ELABEL編集部
    派遣社員328名が選ぶ!30代におすすめの派遣会社ランキング15選
    転職 | 2022.3.29

    派遣社員328名が選ぶ!30代におすすめの派遣会社ランキング15選

    ELABEL編集部のプロフィール画像
    ELABEL編集部 ELABEL編集部
    派遣会社のワーストランキング10選|絶対ブラック派遣に引っかりたくない人必見
    転職 | 2022.3.29

    派遣会社のワーストランキング10選|絶対ブラック派遣に引っかりたくない人必見

    ELABEL編集部のプロフィール画像
    ELABEL編集部 ELABEL編集部
    【経験者が教える】名古屋のおすすめの派遣会社12選|主婦向けや短期・単発求人が多いランキングも
    転職 | 2022.6.30

    【経験者が教える】名古屋のおすすめの派遣会社12選|主婦向けや短期・単発求人が多いランキングも

    ELABEL編集部のプロフィール画像
    ELABEL編集部 ELABEL編集部
    派遣社員の年収は本当に330万円?高年収が狙える職種や年収を上げる方法も
    転職 | 2022.6.30

    派遣社員の年収は本当に330万円?高年収が狙える職種や年収を上げる方法も

    ELABEL編集部のプロフィール画像
    ELABEL編集部 ELABEL編集部